閲覧者が跪いて読む日記です

ランキング参加!いっぱい押してね!

遡れば新年

7枚入で300円もした煎餅。
実際食べたら美味しかったんですが、もしこれが大して美味しくなかったとしても私は「美味い」と自身に嘘を貫いて無理矢理にでも納得させたと思います。
でもこれ美味しい。みんなにもおすすめ。
ヒントは煎餅。よろしく。

今しがた2枚目を食べ終えて、今は大和煮の缶詰を食べています。
最近"がっこうぐらし!"をアニメと漫画で全話見たので影響されています。
牛ではなく鯨の大和煮という点が残念ではございますが、美味しいのでOKです。

さて、何だかんだで大晦日。
恐らくこの日記が今年最後の日記となるのでしょう。
今回の日記で2020年の私とさよならです。閲覧者さんの皆さんも2020年の閲覧者さんの皆さんとさよならです。

大和煮を食べ終えて今は貝柱の水煮の缶詰を食べています。
ホタテ貝柱の水煮とホタテエキス入りの貝柱の水煮の両方を食べ比べのために購入しましたが、結論から言えばどちらも美味しいです。
ホタテはホタテとして普通に美味しいですし、もう一方は色々と誤魔化そうとしている感が濃い味になっていてこれはこれで美味しいです。どちらも食べていて明確に違いがあるので、食べ比べのために購入して正解だったと思います。
因みにこの貝柱の缶詰は大和煮を買う際に衝動買いしました。美味しそうだったからということで特に理由はありません。お高い買い物でした。

さて、激動の2020年も終わりを迎え、新たにキレの悪い数字の2021年となるわけですが、キレの悪い年を迎える前に一つこの下衆と皮肉のプロットについて決着をつけておきたいと思います。
それはいつも日記を書いているこの時間は今日なのか昨日なのかということ。
私はいつも日記を日付が変わってまだ早い時間に更新しているのですが、日記を書くにあたってその内容の時間軸が昨日であったり今日であったり明日であったりと結構曖昧だったりするんですよね。
私自身の中では整理できているので別に問題はないのですが、読んでいる人から見て混乱する部分もあったりすると思うんです。
以前に一度午前2時であれば前日の日付の26時であると、30時まで定義づけてはいたんですが……いや、これでいいですかね。

今回はここに更に設定を一つ足しましょう。
日記を書いている時間帯はどの日付にも属さない"暦上の境界線の時空間"と定義付けましょう。

この日記で例えるとするならば昨日は確かに12月30日。しかし日記を書いている時間帯は12月31日。下衆と皮肉の時間軸の定義からすれば現在時刻は12月31日の1時15分なので、12月30日の25時15分。ただ、この24時から30時までの間はどこの暦にも属さないため、昨日の出来事ではあるが今日であるとも言える。31日の出来事については明日とも今日とも言える。これを文字に起こすのであれば12月30日/31日というところでしょうか。
うーん、何だか余計にややこしくなった気がします。

やはり朝の6時までは前日。
これまで通り曖昧な表現で時間軸を表していきたいと思います。
閲覧者さんの皆さんも雰囲気で何となく察することができるでしょう。あぁこの日記はこの日の出来事なんだなと。
私も馬鹿ではありません。その内容が何日に起きたものであるのかわかるように書いていきますので、閲覧者さんの皆さんは黙って私に合わせるようにしてください。それで万事解決です。良いお年を。来年も下衆と皮肉をよろしく。
スポンサーサイト



  1. 2020/12/31(木) 01:20:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

アングル別ビタミン吸収率選手権

夢を見ました。

夢の中の土地は自然豊かで、狭いアスファルトを木で覆うような道路が続いていました。
木でできたトンネルの途中、小さな建物があり、そこにはその土地の名産品などが展示されていたのですが、どうやらそこではスイカと物部が有名だそうです。

そんな夢を1ヶ月半くらい前に見ました。


夢を見ました。

夢の中では私はコンビニで働いており、夜の20時から23時までのシフトを組まされていました。
その店舗は立地が悪く、品揃えも微妙。店内も薄暗く、勤務中にもお客さんが来店することは滅多にありませんでした。
たまにお客が来て買い物をすることがあったとしても、何故かレジのバーコードリーダーの読み取りが非常に遅く、お客を待たせた挙げ句、怒らせてしまうという始末です。
そしてこのコンビニ、何故か家族経営のお店であって、一つカウンターの裏に回れば一軒家の玄関に入るという造り。
私はいつの間にか家族ぐるみの付き合いで親しくなり、しばらくよろしくやっていました。
しかしその内、オーナーであるその店の社長と諍いを起こしてしまうのですが、私の猛烈な理屈で言いくるめてしまい、その後はぎこちない関係性に……。

そんな夢を1ヶ月前くらいに見ました。


いずれも何かの企画の話の種にできればと熟成しておいた話題でしたが、このまま腐らせてしまいそうだったので敢えて今回の日記で供養したいと思います。
本心を言えば、スマホのメモアプリをいつまでも圧迫していて邪魔だったのでさっさと消化したかっただけでした。

というこれもまた夢であれば私は一体今何を見ているのでしょうか。
流石にこれを夢と言い張るのは冗談ではありますが、夢日記と言うものはどこまで書いて良いものなんでしょうか。
そもそも閲覧者からしてみればどこまで真実であると信用できるものなのでしょうか。

現実との境目を線引するのが難しいものですからね。
嘘を嘘と見抜けるのが難しい以上、グレーゾーンな話題であると言えます。

しかし私の書く夢日記は純度100%の夢日記。
メモを介しているので濃縮還元みたいなものですが、嘘を書くことはありません。
日常を書き記すのが日記であって、そこに虚偽を混ぜたらそれは日記ではないじゃないですか。
事実は小説よりも奇なりとはよく言ったものです。

眠いですし、年末年始の休日に入ってゆっくりしたいので私は寝ます。
  1. 2020/12/30(水) 03:00:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

肛門「ここはアウェーだ。よろしく」

夢日記は第三者から見ると面白くないという話を聞いたことがありますが、個人的には間接的であれどカオスな空間に触れることができる希少な機会なので面白いと思います。
故に私が面白いという考えを持っているので閲覧者さんの皆さんも合わせた方が良いと思います。

ここまで言うのであれば今回の日記ではとびっきりの面白い夢日記を書いてくれるんじゃないかと思われそうですが、現在時刻は午前2時22分。何か妙ちくりんなことが起きそうな夜更けの時間帯でございます。

そして明日は仕事納めの日。まだまだ明日まで仕事は続きます。
もしも明日がお休みであるということであれば今回のこの日記で夢日記を書こうかと言うところではありますが、如何せん時間がありませんからね。非常に残念で仕方がありません。うーん残念。

たまには日記を蔑ろにして短い内容で終わらせても良いかもしれません。
睡眠時間がなくなるのが私にとっては辛い話ですからね。私の命を削ってまで面白い日記を提供すべきかどうかと聞かれたら……特に商業化していない現時点では否ですからね。

そんな短い日記を考えている時でも一応ネタは用意してあります。
それはコロナ禍ですっかり生活様式の一部となってしまったマスク着用の話。

マスクというものは本来吸引と排出の際の飛沫などを防ぐ代物ではありますが、昨日、マスクを着用しながらくしゃみをした際に一つ思ったことがあります。
先述にもあるようにマスクにはくしゃみなどをした際に飛沫を防ぐ蓋みたいな役割を担っているわけですが、正直そのままくしゃみをして良いものかと言うところ。
何故ならくしゃみをした後のマスクの中は凄惨極まりないからです。
汚いし臭いし、これでマスクを使い捨てるのであればくしゃみの時だけマスクを外して肘裏で受け止めては如何かと。

いやね、この考えが間違っているというのはわかっているんです。
ですが私が言いたいことも何となくわかるでしょう?

そういうことです。
誰かくしゃみをした後、マスクの中が唾液臭くならないマスクを開発してください。
報酬は弾みます。フィリックスガム3個くらいで手を打ってください。よろしくです。
  1. 2020/12/29(火) 02:36:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

ムッキィ(M・U・C・K!!)

直った!直りましたよ皆さん!
前回の日記まで私を悩ませていた悪魔のようなキーボードの接続不良が遂に直りましたよ皆さん!

一昨日は本当に文字を打てども打てども途中で接続が切れて大変でしたからね。私自身切れそうでしたよ。
昨日、我が家では丁度年末の大掃除を行いましたからね。ついでということもあって、机の奥に押し込んであるPCも引っ張り出して各種周辺機器を接続し直したり、ケースを開けてホコリを掃除しましたからね。
物理的にピカピカになってこのPCもご機嫌ですよ。今ならきっと富岳も超えられると思います。

私のキーボードは有線接続のものなんですが、このご時世無線でもないキーボードを使う理由とは何ぞやという話ですが――何で私はこのキーボードを有線にしてしまったんですかね。
人体力学だか工学だか何だかに基づいて作られたこのキーボードですが、購入時、無線のものもあったような覚えもあるんですよね。
しかしながら当時はまだ無線=バッテリーが切れた時に面倒くさいという認識が強く、敢えて有線を購入したのが理由だった気がします。

そんなことを考えつつもマウスについてはしっかり無線なんですけどね。しかもトラックボールマウス。
トラックボールマウスから戻れない体になってしまった故に職場のPCも持ち込みでマウスだけトラックボールマウス。おかげで私のPCを使用しようとする人からは文句を言われる始末ですよ。

さて、今回はこんなことを報告するために日記を書いているわけではありません。
正直閲覧者さんの皆さんからすればいくら私の日記が生活の糧であるとは言え、調子の悪いキーボードが直ったなんて報告を聞いても「キーボードってなに?」というレベルで全く意味がわからないでしょう。

私も読み手の気持ちを考えて毎日日記を更新していますからね。
ちゃんと昨日不完全燃焼となっていた話を消化していこうと思いますよ。

夜中、ペットボトルの弾ける音に目が覚めてしまった私ですが、万が一不審者でも侵入していたらと思い、意を決して寝ぼけ眼を擦りながら確認に向かったんです。
もし本当に侵入者がいたら……普段からテロリストに対してどう対処するか妄想をしていても、イメトレだけでは意味がありません。リビングを隔てる引き戸を開けるまでは内心不安と恐怖と疑心が渦巻いていたと思います。

私自身恵体ではありますが、喧嘩の実戦経験なんてありませんからね。
中学生時代に一発ずつ殴り合ったことがあるくらいです。当時の話を今回ここでしても良いですが、恐らく長い話になると思います。それはもう結構長い話になると思います。
なのでその話は今回しません。今回は確認に向かったらその先に何があったのか、その話をしていきたいと思います。

私には全てを話す説明責任がありますからね。
ネタ振りをしておいてそのまますっぽかすなんてことはしません。そんなことをしたら読んでいる人からしたらモヤモヤだけが残ってしまうじゃないですか。
一話完結型というわけではありませんが、都度スッキリした内容で読み終えてほしいですからね。
一週間に1話放送されるアニメで、よく前編後編に分かれるタイプのものがありますが、私はそういうのあまり好きじゃないんです。
一週間も持ち越されるなんて待ちきれません。子供の頃は本当によく忍耐が持ったと思いますよ。今では単なるせっかちな大人になってしまったのか、ネットで一気に観なければ気が済まないような人間になってしまいましたけどね。いや、一概には言えはしないですが。あくまで極端に、例え話としてです。

そう言えば大掃除の話やキーボードのトラブルの話があってか埋もれてしまったと言いますか、出しそびれてしまった話が一つありましてね。
つい先日に面白い夢を見たんです。面白いと言っても言うほど面白いとは言えませんし、断片的にしか思い出せませんが。

先日、嫁が仕事で私だけが休日という日があったんですが――あれ?先日と言ってもつい土曜日の話ですね。
この間の土曜日は嫁が仕事で私がお休みだったんです。
で、その時に見た夢なんですが、送迎車が迎えに着たのを見送った後、私は家に戻ったんですよ。
この時点で周辺の建物の位置や造形、送迎車の車種など現実とは全く違うものだったんですが、私は気付きませんでした。
戻った部屋も何だかアンティーク調な図書館みたいなオシャレな造りになっていましたし、しかもホテルのロビーみたいにカウンターもあり、確かにこの部屋と契約しているという認識はあったのですが、それはもうあまりに現実からかけ離れた空間だったんですよね。

広いロビーには図書館よろしく古ぼけた本棚が沢山あり、様々な本が置かれていました。何かボロボロになった"かいけつゾロリ"も2冊ほど置かれていたのを覚えています。
この広い空間の片隅に本棚と薄い仕切りに囲まれた居住スペースがあって、そこに確かに私達の居住空間がありました。
で、現実世界と同じ配置にテレビがあって私は腰掛けに座りながらテレビを観ようとするのですが、如何せんホテルみたいなところということもあって、外部から人が入ってくるんですよね。
実際このフロア一体が私達の部屋という認識があったのですが、普通に外部の人間がカウンターで受付を済ませた後にパーソナルスペースを侵してきて、挙げ句、その唯一の仕切りの中にも入ってきて勝手にテレビを変えて見始めるんです。
若者グループがずけずけと入り込んできて、嗚呼、私にはプライバシーというものがないのだなと悲しみに暮れました。

夢の中の生活空間。
そこは私の生活空間ではなく、ただの共同部屋だったという夢でした。

この夢に特にオチはなく、そのまま目を覚ましてまったりと休日を過ごし始めたのですが、何と言いますか、豪華な住居で暮らしたいという願望と、それは実現できないという現実が顕著に表れたような夢だった気がします。
  1. 2020/12/28(月) 01:00:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

明日の日記はなぞなぞ!お楽しみに!

さっきからずっとキーボードの接続が一瞬だけ切れては復活するという現象が続いているんですが、まじこわい。
私は集中するために常時接続しているヘッドホンを無音のまま装着して日記を書くのですが、定期的に接続解除の効果音が流れるので恐ろしすぎて、遂には耳栓のためのヘッドホンを投げ出してしまいました。
この効果音ももう少し明るいものであれば良いんですけどね。ヤッホーイみたいな。
まぁそれはそれで怖いんでしょうけど、この現象、どうにかなりませんかね。
先程PCを再起動したんですが、シャットダウンする間もずっと効果音は流れ続け、挙げ句、再起動してからもこの怪現象が続くという。

あ、直りました。

先日の途中で日記が書けなくなった件も踏まえ、接続不良が原因かと思われますが、夜更けにこんな怪現象が起きてはたまったもんじゃありません。
オカルトの類を信じるか信じないかはそれぞれですが、私はどちらかと言えば信じる方でしてね。
まぁ認識としては、この広い世の中、そんなことがあっても珍しくはないんじゃないかなという程度のものですが、流石に身に降りかかるとなると嫌ですね。
日記のネタにはなりますが、現在時刻は2時45分、丑三つ時真っ盛りですからね。信じていない人も一瞬は揺らいでしまうほどの要素はあるということです。

あぁ、直ったと思ったらまた起き始めました。
意識することで調子づかせてしまったのか……それにしても打っている途中で接続が切れるこの感じ、凄まじいストレスですね。
怪現象に対する畏怖よりも腹立たしさが勝ります。

折角今回はこんな日記を書いてやろうとネタを引っさげてきたというのに、こんな調子ではやる気も起きません。
まぁそのネタというものも昨晩に起きた怪現象と言いますか――それに通ずるものがあるようなないような話ではあったりするので、このまま続けていきたいかとは思います。

それは昨晩、大体午前4時頃だったでしょうか。
布団に入ってスヤスヤしている時、引き戸を隔てたリビングから物音がしました。
雰囲気から察するにゴミ袋に詰めて置いてあるペットボトルが変形して床に転がった音だと思ったのですが、どうしても気になって確認しに向かいました。
頭の中では気温や湿度の変化で潰したペットボトルが元に戻ったと理解しているのですが、もし万が一侵入者でもいたものなら大変だと言うことで

ああああああああああああああああああああ
もうやだ!今日はもう日記書かない!
文章を打つ度に接続が切れてまともに書けたもんじゃない!
集中力も途切れて支離滅裂な内容になってますし、もうやだ!もう書きたくない!
もう今日は寝る!明日は大掃除だからキーボード直す!この際だから無線キーボードも考える!
もう寝る!
  1. 2020/12/27(日) 02:59:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

うおー!俺は隠し子!!

待ちに待った週末です。
つまるところお休みです。
5日間の苦難を乗り越え、一時の安らぎが訪れました。

そして世間はクリスマス。
鮮血に染まった服を着て悪魔のような角を生やした獣を馬車馬のように働かせながらゲリラ的に不審物を配りまくり、世間はそれを待ち焦がれるようにホールケーキを囲みながら砂糖とメレンゲでできた不審者のモチーフをバラバラに噛みちぎり、チョコレートでできた家を無残にも打ち壊し、狂ったようにローストチキンを食い散らかす。
夜も更ければ社会の歯車から漏れる灯りが創り出す幻想的な夜景を眺めながらシャンパングラスを片手に腰を振りまくり、その傍ら良い子は縞模様のロングソックスをぶら下げて夢の中へ。
朝になれば爽やかな日の光が身を焦がし、昨晩の幻想は消え失せて日もまた過ぎて正月へ。

そんな世間を尻目に、私は只々今日も日記を書き続けます。

毎日頑張っている私にサンタさんも何かプレゼントをくれるでしょうか。
いいえ、もう既に日付は12月26日。現在時刻は3時15分。クリスマスなんてもう既に終了。ホールケーキは売れ残り半額へ。
一日遅れたクリスマス日記なんて何の特もありません。
それに聖夜に訪れた奇跡なのかはわかりかねますが、昨晩の日記、何故だか途中でキーボードが使えなくなったんですよね。
何を叩いても動かない。PC自体が壊れたわけでもなく、何かしらの接触不良かで日記を書いている最中にキーボードが機能しなくなったと。
サンタさんはクリスマスの夜に私から日記を奪っていった……考え方によっては今回の日記のためのネタを残していった……真意は定かではありませんが、聖夜に何かしら起きたのは言うまでもありません。

正直言えばクソくらえ。

というわけで今回の日記を始めます。
――と、思いましたが今回は日記を書くためのネタがない。
厳密に言えばないこともないのですが、今回書くにはタイミングが少々違う。
ネタ帳と言いますか、毎回何かしら事象があったらメモに書き起こすことはするのですが、如何せん今日に限ってはタイムリーなネタを仕入れていないのです。

時間も時間ですし別に無理して書く必要もない。
寝て起きればゆっくりとした休日が出迎えてもくれるので、今回ばかりは適当に流しても良いかもしれません。
そう思えば昨日みたいに日記が途中で書けなくなってしまったというネタを与えてくれたサンタさんには感謝をすべきかもしれませんね。

ありがとうサンタさん。
ありがとうクリスマス。
ハッピーメリークリスマス。

クソくらえ。
  1. 2020/12/26(土) 03:26:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

あき竹城≠ドクタケ城

うたた寝をすることで運動が捗らないという考えは私の中ではもう既に過去の遺物となりつつあります。
時代は運動もしつつ、尚且つうたた寝もする。これがトレンドなのです。
厳密に言えば順番が逆で、うたた寝をした後に運動もするというもの。

そもそもうたた寝というものは、夕食後の急な血糖値の上昇に合わせ、こたつの居心地の良さとの相乗効果から生み出された悪の権化であり、ただ、その気持ち良さから依存性が非常に高いものとなります。
そして普段私はどんな姿勢でうたた寝をしているのかと言いますと、座椅子を枕として、こたつの外枠に体を這わすように寝ているのですが、最近はこの寝方をうたた寝とは違うものではないかと思い始めました。

そもそもうたた寝というものはその場で寝てしまうスタイルを指すものであり、眠たいからと一度姿勢を直して寝るというのは何か違う。
その考えが上記の違和感の正体となるのですが、ここ最近、新たな、本当のうたた寝スタイルというものを編み出そうとしています。

それはどういったものかと言いますと、完璧に寝入る姿勢に体を直す前に、既に眠たくなったそのままの形で落ちるというもの。
一番うとうととくる姿勢が、ずり落ちたような姿勢で体を伸ばし、座椅子に浅く座る


理屈で説明すると面倒くさいです。
普段から説明しようとするとまどろっこしい話し方になるのが仇となっている私ですが、この日記での尺稼ぎのそれもそれです。
読んでいる側もちんぷんかんぷんかと思いますので、要約して説明します。

良いですか?食後、座椅子に浅く座った状態でこたつに入るとすぐにうとうとし始めます。
その眠たさをキープして寝る姿勢に入るのも悪くはないですが、どうせならその一番眠たい状態からうたた寝をして、一番気持ちの良い条件が良いんじゃないかと。
しかし浅く座った姿勢だと喉が潰れ、仰向けということもあり、いびきをかく可能性が高くなります。
で、あればその状態から首を傾け、半端に
  1. 2020/12/25(金) 01:57:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

奴は艶かしい肉体の間をすり抜けて国境を越えた

つい先程までコンビニに牛乳を買いに出かけていました。
どうしてこんな羽目に陥ってしまったのかと言いますと、牛乳がなくなったからです。
そうまでして急に牛乳が必要であったかと言えば、勿論必要だったから買いに出かけてきたわけなんですが、そもそも購入に至るまでの経緯を書こうと思うと長々とした話になりまして……。

話は遡ること1ヶ月位前。
長々とした話としてもそこまで遡ることかとお思いでしょうが、実際そうなのです。
私は仕事の関係でひょんなことからロングライフ牛乳を手に入れました。
容量としてはおおよそ1Lくらいの牛乳。ロングライフ牛乳ということもあって賞味期限も年を跨ぐ以上にあります。
私はそれを過信してしまったのか、一度開封し、料理か何かに使用した後、別の容器に入れて密封。そして用途に困ったまま昨日まで冷蔵庫に保管していました。

大体この辺りで察しの良い人は気付くかとは思いますが――何と言いますか、腐ってしまいましてね。
それもようやく用途を見つけて、いざ開封して使おうという手前で発覚したものですから、急遽必要となり、結果として先程までコンビニに奔走していたわけです。

開封して間もない頃にそのまま牛乳として、アイスミルクとして飲んでいれば問題なかったのでしょうが、私は乳製品で喉に膜を張られるのが嫌いでしてね。
牛乳を飲むのは嫌いではないですが、好みもしないわけです。
故に冷蔵庫に飲むこともなくずっと保管していたわけでして……。

で、今回重い腰を上げてどんな用途を見つけたのかと言いますと、以前にも日記に書いたかと思いますが、クレミーホイップってあるじゃないですか。牛乳や冷水と混ぜるだけで簡単激甘ホイップクリームのあれです。
私はあの子どもじみた味が好きでしてね。折角だからと昨日の仕事帰りにドラッグストアに立ち寄って2箱購入したんです。
2箱と言えども使用する量は1箱90mlとして計180ml。残っている牛乳は500ml近くありましたが、一度使用してしまえば勢いで残りも飲み干すだろうという自身の性格を読んで、ひとまずはきっかけからとして購入したわけです。

私はワクワクしながらボウルに目一杯のクリームの素を入れました。
せめてここで牛乳の中身を確認しておけばこんなことにはならなかったんでしょうが、ロングライフ牛乳という言葉を履き違えていたのでしょう。
蓋を開けたそこにはヨーグルトとも言えない、腐敗臭とも発酵臭とも判断のつかない、固形とも液状とも言えない白い何かが入っていました。
多少のことであれば「まぁ使えんこともないだろう」と思い、実行に移すのが私ですが、そんな私ですら諦念を抱かせたそれは完全に牛乳とはかけ離れたものでした。

ウッキウキで食パンまで購入した私がまるで馬鹿みたいじゃないですか。

遺体の顔に白い布をかけるかのように私はボウルにラップをかけてひっそりと悲しみました。
コンビニで500ml入りの牛乳を購入し、今では明日の朝食用として冷蔵庫にクリームを置いていますが、それにしても私はいつもこのクレミーホイップに踊らされてばかりな気がします。

そんなダンサーインザホイッパーな私ですが、昨日は常人にはできない芸当をこなしまして、是非ともこの場を通じて閲覧者さんの皆さんに自慢したいなと思いまして……。

皆さんもご存知の通り、私の趣味の一つにアダルトコミックの収集というものがあるのですが、まぁこれは漫画収集の延長線上にある派生みたいなものでして、コレクションし始めたきっかけも漫画棚に18禁コーナーがあったら素敵というものだったりします。

以前投稿した日記の内容にアダルトコミックを購入する持論みたいなものを書いたことがあるのですが、その内容をざっくりと説明すると「趣向を読み取られないように同性より異性の従業員を狙え」といったものや「狙えるのであれば逆サンドイッチで堂々とマウントをとれ」というものでした。

で、世の中アダルトコミックを購入する手段として、一般書店意外にネットでの購入や専門店、同人ショップがあるのですが、私からしたらそれはEasy極まりない話であるということ。
今回私は以前より目ぼしいものを見つけていて、本来であればアダルトショップで購入が安牌であると考えていたのですが、どうやら店を回る限りその作品は(近隣では)その書店にしか置かれていないようで、やむなくその書店で購入せざるを得なくなったと。

しかしその書店、買うに一つ障壁があります。
一般人では到底乗り越えられない障壁として、その書店はアダルトコーナーがお店の真ん中に位置する陳列棚に堂々と置かれているということ。
アダルトコーナーで物色でもしようものなら人目について後ろ指をさされてしまうというもの。
最近の書店は成年向けコーナーが縮小傾向にあり、今回のようなパターンも珍しくなくなりつつあります。
そうなるとより一層と一般書店でエロ本に手を出す人間が減るというもの。
まずはここをクリアしなければならない。

ですが私にとってはそんなものは障壁でも何とでもなく、股間の膨らみさえ抑えられれば平然とした顔で物色ができます。
実際に仏頂面で、さも関係者を装うかのように吟味していた私は傍から見ても自然な光景だったでしょう。
元から目星はつけていましたが、さっと通り過ぎるかのように拾っていけば逆に怪しいですからね。堂々とした姿勢が大事なのです。

しかし本当の問題はここから。
傍らを通り抜けた女子高生に白い目で見られて平気であったとしても、本当に問題なのは抱き合わせで購入できる商品がないということ。
逆サンドイッチ論は以前にしたかと思いますが、それでも一応抱き合わせで購入し、意識をそれに分散させられるというもの。
ただ、今回抱き合わせが無い以上、エロ本単で購入せざるを得ない。
これは流石の私でも狼狽しました。

そして追い打ちをかけるかのように店員は男。しかしこれは寧ろ好都合かもしれない。
逆に捉えればエロ本単で購入する姿勢を見せることでその勇者具合を見せつけられるかもしれないということから、すかさず私は空いたタイミングを見計らってレジへと歩みを進めました。

勿論カウンターに出す向きも考慮済み。
向きは表で上下は店員側に頭が来るように配置。エロ本を買うぞという堂々たる姿勢を見せつけると同時に上下逆に見せて趣向を若干ぼかす必殺技です。
ポイントカードは見せません。ここでプライバシーは見せるだけリスクしか無い。
「有料のレジ袋はいりますか?」
貰ってくれと言わんばかりに語尾に力が入っていたのを私は聞き逃しませんでした。
即答で「いりません」。店員さんが動揺していたのを見て私はほくそ笑んだのを覚えています。
金額は1,100円丁度。財布からきっかり出してレシートは受け取り、片手でエロ本を握りしめたまま退店しながらカバンに押し込みました。

これまで私から見えていた視界は非常に狭かった。時間の流れもあっという間だったでしょう。
お店を出た後は寒い冬だと言うのにじんわりとした熱い汗が額に浮かんできました。
欲しい物を購入し、エロ本購入者としての威厳も見せつけられた。快感でしかない。
1,100円で日記のネタも得られたぞとマルチタスクのように考えながら私は帰路へと着きました。
  1. 2020/12/24(木) 02:15:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

決して!アラビアータ!

おののけぼんぐども!

私はまたしてもうたた寝を理由に運動することができませんでした。
コロナ禍でコロナ太りを口実に自身の体型を見直すべきだと思い、今回実行に移し始めたダイエットですが、こうも三日坊主であるとこれまでと何ら変わらず、それどころか反動からより一層肥える可能性すら考えられます。

況してや夜更しの末の寝不足。
不健康街道まっしぐらではありませんか。
説明しよう!不健康街道とは健康の道を外れた者にだけ歩める、欲と堕落の世界にある観光スポットである!

そうこう書いている内にもう2時過ぎですよ。
最近睡眠不足がたたってかわかりませんが、昼休憩に少しばかし昼寝をしようと机に突っ伏した際、落ちるように寝てしまい、果ては「あー」だの「うー」だの10分おきに言っては起きていた気がするんですよね。
寝言の度に飛び起きて猛烈に咳き込むふりをして誤魔化す……そんな昼休憩を過ごすことがありました。

実際に寝言を言っていたのかどうかは定かではありませんが、わざとらしい咳込みで誤魔化す様ときたら滑稽も滑稽。
このご時世、咳払いなんてご法度でしょう。刺されても文句は言えないかもしれません。

さて、今回の日記の話題、一体何を書くつもりでいたかすっかり忘れてしまいました。
うーん、わからない。ネタも無いですし、思い出せないですし、書く気力もないですし……そろそろ寝てもいいでしょうか?

そう言えば、この下衆と皮肉ですが、リニューアルしてからとある表現を解禁するようになったんです。
プロの閲覧者さんの皆さんならおわかりかと思いますが、"!"や"?"を使用するようになったんですね。
以前も決して使用していなかったわけではありませんでしたが、少しばかりは使用頻度が増えた気がします。
何しろ句読点だけでは冷たい感じがしますからね。
ご新規さんのためにも定次さんは冷たくない人であるという認識を持ってもらいたく記号を使用していると。

本当に私は心優しい良い人ですからね。
もし道端で札束を抱えて困っている人がいれば、見返りを求めて聞ける範囲でお手伝いをする人間ですから。
  1. 2020/12/23(水) 02:15:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

【窃盗】簡単!クリスマスケーキ!

ああ!何ということでしょうか!
ダイエットのために毎日の運動を志したばかりだというのに、私は昨日うたた寝をしてしまったがために継続が途切れてしまいました!
それも昨日の夕食はインドネパール料理店でのインドカレー。1枚目はハニーチーズナン、おかわりにメープルナンも食べてしまいました!
おまけに物足りないかと思ってザンギとフライドポテトのセットを注文してしまい、6時間経過した今でも膨れた腹は減る様子がありません。

目ぼしいものは注文し、出されたものは全部食べる。
それが食としての喜びで、私のポリシーではありますが、これではまるでデブの常套句。ダイエットコークを飲んでいれば痩せられるという空説に盲信するデブと一緒です。まるで説得力がない。

インドカレーのお店というものは思っている以上にサービスが旺盛なようで、サービス精神と言えば日本人のおもてなしの心情ではありますが、彼らの「おかわりいる?」という言葉の向こうにはおもてなしを超えた何かがあるように思えます。
言うならば追加注文をもらうことで自身の腕の裏付けでしょうか。彼らは何を以てしておかわりを勧めてくるのでしょうか。

そんなことはどうだって良いんです。
今回問題なのはザンギとフライドポテトのセット。
ザンギが美味しそうに見えたからと言って、何故私はあれを注文してしまったのか。
メニューを見ればそこまでの量には見えなかったのですが、いざ出てきたものは写真の通りの量のザンギと、写真の倍の量のポテト。
そして私は何故それを見た上でおかわりをしてしまったのか。

インドカレー屋のナンは確かに美味しいです。正直ルウが蛇足であるかのように思えるくらい。
ですが、ご存知の通り1枚あたりの質量はかなりのもの。美味しくて量もあり、更にはおかわりも可。これほどまでにコスパの良い食べ物はなかなかないでしょう。
しかしそれをおかわりするのはあくまで任意。
最初、おかわりするかどうかを聞かれた時、言い間違いで「ハーフ?」と捉えられましたが、今になって後悔する始末。
実際出てきてから思ったのは「ハーフでよくね?」という考えでしたからね。

最終的にはポテトもナンも全て食べきり、何一つとして残すことはしませんでしたが、お店を出た後のお腹が辛かったのは言うまでもありません。


さて、現在時刻は2時30分。
今回の日記書き始めは2時10分くらいだったかと記憶しています。
私自身いつの間にか、深夜帯に書く日記は2時までに書き上げるという謎のルールを設けている昨今ですが、もうここまでくるとどうでもいいです。
明日寝坊しなければそれでいいです。

時間を戻す、止めるといった能力を持っていたら――とは思いますが、悲しいかな私にはそんな特殊能力はありませんからね。
最近、時を止める人間に鉢合わせたらと妄想しながら買い物をしている時がありますが、その話はまた次回にでもしましょう。覚えていればですが。

あ、でもこの日記上では私も
いや、やっぱりやめておきましょう。また書く時があればその時にお話をします。
  1. 2020/12/22(火) 02:34:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

チョコレートが中までたっぷり染み込んだコンプリートガイド

無性にサーモンが食べたくなった、ただそれだけです。

昨日、我が家はサーモン祭りでした。
サーモン祭りというのは少々大仰な気もしますが、とりあえず沢山サーモンを食べたわけです。

皆さんにもあるでしょう。
"無性に何かが食べたくなる"と、そういった瞬間が。
衝動と言いますかね。気の向くままにどれだけでもそれを欲するという現象です。

スーパーでサーモンの冊を何パックか購入し、切っては更に並べ、満足するまで食べる――昨日我が家はそれを実行したのです。
別に寿司屋に行ってサーモンばかりを食べても良かったのですが、やっぱりどうしてもメニューを見てしまう以上、サーモンだけに留まらず、色々なネタに手を出してしまうじゃないですか。
なるべく予算を抑えるという意味合いもあって今回はパックで刺身を食べたというわけです。

食べたいものをたらふく食べる――浪漫があるじゃないですか。
嘗ては冊ごとかぶりついたこともありましたが、あまり美味しくないということで学習し、今回は丁寧に薄く切って食べてあああああああああああああ

何かあれですね。
ネタと言っても魚的な意味合いなネタではなく、最近はどうもこの日記を書くためのネタへの執着が弱まっている気がします。
更には語彙が減り、表現力は低下、変換はクソ!スランプに陥っている気がします。
スランプというのは間違いでしょうかね。長年日記を書いていて記事の内容が微妙になる傾向と現実世界との関係性に私は既に気付いています。
現実世界が充実してくると日記へと配慮が減り、どうしても日記を書く際に集中力が欠如してしまうのです。
ここ最近の私はNetflixに登録して動画を観るようになったり、ゲームに夢中になっていたりします。
そうなると現実世界への意識が優先されるようになり、「さっさと日記を切り上げて次に移ろう」という考えに圧されてしまうのです。

さて、話を戻しましょう。
とりあえずは今回サーモンばかり(マグロの切り落としもあったよ)を食べたということから何が書きたかったのかと言いますと、魚と言えども大量の脂身を摂取してしまったばっかりに腹下しが免れなさそうな気がしてならないということです。
よく聞くじゃないですか。バラムツの話。
バラムツの話を知らないのであればご自身で調べて雑学として蓄えた上、自身の無知を恥じることをオススメしますが、一先ずこの手の脂は大量に摂取することによって吸収ができず、近い将来ケツから出てきます。
今回の件はバラムツと比べるとそこまででもないでしょうし、油が流れ出てくるほどのものでもないでしょうが、既に下している感は否めません。

ですが、これを踏まえた上で今回祭りを実行した。それまでのこと。
何かを追い求める時、代償はつきものです。
今回は衝動に駆られ、その欲求を満たす代わりにケツを贄として差し出した。
それまでのことだったのです。

たまには良いですよー。こういう食事も。
もうじきクリスマスですから閲覧者さんの皆さんもフライドチキンをバーレルで抱えるのも悪くないかもしれません。
ブッシュドノエルを縦からまるかじりするのも有りかもしれません。
一人で食べるホールケーキの特別感は格別でしょう。
メレンゲでできたサンタやチョコレートでできたお家、ホワイトチョコレートでできたメッセージプレートは私のために残しておいてくださいね。
ゼリーでできたサンタやトナカイはいりません。よろしく。
  1. 2020/12/21(月) 01:10:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

刮目せよ!ボブスレーの去り際

まだまだ三日坊主の範囲内ではありますが、ダイエットのための運動を続けることに成功しています。
休日となるとどうしても気怠さと言いますか、面倒臭さが引きずって運動もせず一日が終わることが多かったりしますからね。
意外ではありますが、平日の方が仕事終わりの余力から運動をすることができるんですよね。

あー、それにしても今回は何だか頭が回りません。
酸素が足りていないと言いますか、ぼやっとした感覚が頭の片隅に残っています。

それにしても昨日の運動は大変でした。危機一髪でした。
私はダイエットにSwitchのゲームを活用しているのですが、途中お腹が痛くなりましてね。
こういった運動系のゲームというのは別に途中で止めてトイレに行くことができないなんてことはないのですが、途中で止めると緊張の糸が切れると言いますか、一気に冷めてしまうんですよね。気持ちも体も。
で、その腹痛のタイミングもメニュー終了まであと残り10分くらいというタイミングだったので、このまま我慢して頑張ろうと思って続行したわけです。

しかしそれがまた地獄でした。

体を動かすということは勿論腸も動くということで、体を動かすたびにうんこが進軍してくるんですよね。
直腸辺りで塞き止めているところ、破城槌を持って門を破壊しようと都度突いてくるイメージですか。
フンバルトタワーディフェンス(FTD)とでも命名しましょうかね。
容赦なく攻めてくる糞の波に腰を捻る動作で身悶えし、腰を落とす動作の時には頭がどうにかなりそうでした。
何しろフリーフォールのようにうんこにGがかかるわけですからね。勿論絶叫するのはうんこではなく私ですが。

腹痛の感覚からして軟便である可能性が非常に高く、前々から思っていたことではあるんですが、運動中の屁というものは結構な臭さなんですよね。
屁を漏らして多少苦しみを紛らわせても良いのですが、この臭いにおいの中で体を動かすのは嫌ですし、何より傍らで寛いでいる嫁に何を言われるかというところ。
屁をこくのに躊躇いはないですが、臭いを嗅がれるのは躊躇があります。
私はこの軟便と屁、どちらの存在も合わせて相手としながら残り5分、3分、1分……そして何とか無事にやり遂げることができました。

終了と同時にトイレへ駆け込み、はち切れんばかりの肛門を開けっ広げて解放します。
軟便かと思っていましたが、思っていたより硬いうんこであったというのが意外でしたが、何事もなく終わらせられて良かったです。
  1. 2020/12/20(日) 02:19:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

パパイヤのコンポートの寿命 ∈ "こんにちは!九喇嘛です!"

私はね、2本ではなく4本欲しかったんですよ。
それがどういうわけか出されたものは2本だけ。
私はね、4本出してほしかったんです。ハンバーグに乗せるチーズを。

想像の通り、私は熱に蕩けたチーズというものが好物です。
それでいてレストランで食べるとなるとトッピングできるものならばするというもの。
しかし今回出されたものは注文とは異なる少ないもの。復唱してまで注文を確認していたというのに私はホールの従業員さんにがっかりしました。

1セットで2本のチーズ。
2セットで4本のチーズ。
私の注文の仕方は4本のチーズを乗せてくださいというものでした。
紛らわしいメニュー表記に従業員さんは2セットで4本のチーズですかと確認をします。
しかし結果として出されたものは2本のチーズ。熱で蕩けて原型を失いかけている形状ではありますが、明らかにこれは4本のチーズの質量ではない。2本のチーズの質量である。
裏付けを取るためにテーブル端に置かれた伝票を確認。これでいて2セットで注文が入っていたのであれば確認をすべきところではあるが、その内容には2本分のチーズのみ。
私はがっかりしました。彼は私にカロリーを与えまいと遠回しに好みを否定してきたのです。
面識はなくとも――そうですか、私の存在は世間に知れ渡っているということですか。
世の中には監視社会を抽象化した映画などの作品が多々あるかと思いますが、それと同じできっと私も監視のもと日常を過ごしているのでしょう。
監視カメラに写る私の姿には摂取カロリーが表示され、これ以上食べてはいけないと政府から一レストランに指示が入るのです。
もしかしたらこの日記もあるべきして存在しているのかもしれません。手のひらを並べたつもりが掌の上で踊らされている――そんな日記を世間は見て嘲笑しているのでしょう。

この日記は恐らく投稿されてすぐに消されるでしょう。
私の意志ではなく、世間の意志で消されるのです。

昨日、嫁との会話の内容で"棺桶にホワイトソースを入れる"という棺桶グラタンの話題が出ましたが、恐らくこれもまたきっと何かしらの情報操作……暗喩だったのかもしれません。
そうでなければ遺体の顔にとろけるチーズのトッピングなんて発想は生まれるはずがないのです。

嗚呼、何と恐ろしいのでしょうか。
私は故意に減らされた注文の裏に世間の恐ろしさを見つけてしまいました。
次回また、元気で日記を書けることを祈っています。
  1. 2020/12/19(土) 02:58:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

米粉 can't it

午前2時まで残り14分という時間で一体何の日記が書けるというのでしょうか。

昨日、私は寝坊をしました。
起きた時間が8時丁度。嫁のアラームで慌てて飛び起きました。
私自身のアラームはと言うと……スマホ自体の充電が切れていたという始末。

私のスマホは本当にクソ。
先程アプリで契約情報を見ましたが、購入して41ヶ月目だったでしょうか。
まだまだ使えるレベルではあるかと思いますが、ちょっとここ最近はガタが目立つようになってきました。
バッテリーの減りは凄まじいですし、ボタンも潰れ、操作不具合も多々あります。充電器を挿しても充電がされないこともありますし、今回電源が切れていたという不具合については充電器の端子が挿さっていない(外れていた)というアナログなことが要因でした。

ソケットが挿さっていないというのは私自身のミスではないかという話のように見えますが、以前にも日記に書いたように私の使用しているスマホのソケット部分は非常に底が浅く、挿し込んでも入りきっていない場合が多くあります。
そのせいで今回のようなことや、供給が足りていないという事態に陥るのです。

故に私のスマホはクソ。

で、あれば買い替えてみては如何かと。
誰しもがそう言いますけどね、お金がないんですよ。
それとスマホの中にある膨大なデータを移すのが面倒。それに限ります。

そうこう書き殴っているうちにすでに時間は2時ちょうどですよ。
またしても寝坊してしまっては元も子もありません。
ここ最近は手抜きの日記が増えてきたのでそろそろ力を入れて日記を書くべきであると思っていましたが、流石に今回は早めに寝たいと思います。

P.S.
Netflixで凶悪を見ていたら運動する時間がなくなりました。
毎日の継続が大事と言っていましたが、次回から頑張ります。
  1. 2020/12/18(金) 02:02:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

オパパデータ

現在時刻は午前1時59分。
日記を書く時間としては残り1分しかありません。
どうしてこんなに遅くなってしまったのかと言いますと、昨日我が家では革新的な事が起きましてね。
遂にNetflixに登録してテレビで動画を見られるようになったのです。

で、動画を観ていて遅くなったから今この時間に至っていると。

まぁそんな話はどうだって良いんです。
本題は運動は良いぞという話です。
運動は良いぞ運動は……。

運動は良いぞと気張っていた私ですが、現在は筋肉痛で倦怠感が凄まじいです。
しかしこの倦怠感を良いことに運動に休日を作るとなると、毎日の継続は絶対に失ってしまうのではないかと思います。
少なくとも私はそういう人間です。

運動を継続するのであれば、茨の道から外れず歩き続けるのみ。
辛いですがいつかきっと報われると思います。続けばの話ですが。

つべこべ言っているうちにもう2時5分です。
時短がトレンドである昨今、手短に日記を済ませようかと思いますが、如何せんこのまま日記を終えてしまっては不完全燃焼感が否めません。
面白くもない日記を投稿するのであれば、最初から日記を書くなと。

だからあれです。
そろそろクリスマスシーズンということもありますのでクリスマスソングでも一曲歌おうかと思います。

シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン
アイドンウォフォークリスマッ
ズェーアーイッジャスウオンシンイーニー
エダアーーーーー アーーーーーー

寝ます。
  1. 2020/12/17(木) 02:14:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

鼻の集まるコロニー

諸君、運動は良いぞ。
特に理由はないが体を動かすことは良いことだと思うぞ。
最近特に思ったぞ。

さて、世の中時短というものがトレンドであるということが常であると思われますここ昨今ですが、この日記も時短のトレンドをならって手短に書くことを心がけてみたいと思います。
まぁ今回に限り寝る時間が惜しいのでさっさと切り上げて床に就きたいというのが本音ではありますが。

そんな時短日記となる今回の話題ですが、最近私はダイエットを心がけようと思うようになったとかならないとか。
いやね、コロナ禍を口実に中年太りが加速してしまいましてね。だらしない体つきとなって、将来的にみすぼらしい外見になるのはごめんだということでダイエットを決意しました。
先程ポテチを一袋空けてきたばかりですが、多分ダイエットには成功しています。
何しろ運動をしていますからね。ここで冒頭の話に戻ってくるというわけですよ。伏線回収です。最終回です。

ダイエットには色々と方法があるかと思いますが、一番良いのはやはり運動ではないかと。
面倒であるのは否めませんが、何より健康的であるというのが理由でしょうか。
食生活を改めるのも大事ですが、限度というものがありますからね。変なダイエット法に踊らされてフラストレーションが溜まってしまっては元も子もありません。

故に私は運動をするべきであると運動ダイエットを推します。
運動ダイエットという言葉はありそうであまり耳にしませんね。頭痛が痛いみたいな既視感がありますが、それとは違うでしょう。
それはともかく、昔私が左足首を折ったかもしれない話をしましょう。

この話は定期的に日記に書いているような気がしますが、この日記を読んでいる人の中では初見の人もいるかもしれませんのでとりあえず話しましょう。
それは昔私が胡座をかきながらずっとPCを眺めていた時のこと、ふと立ち上がった際に胡座の下に敷いていた左足が痺れてしまい、思わず足首に全体重をかけて捻りながら転んでしまったのです。
厳密に言えば血が通わなかったことで足首に感覚がなくなってしまった状態でしょうか。
その際にボキッという凄まじい音がしたんですが、案の定力の入らない左足首を持ち上げるとぷらぷらとぶら下がっているんですよね。
あ、これは折れたなと直感的に思いました。

しかしここは定次さん。
驚異的な回復力で血が巡るとともに折れたであろう左足首が復活したのです。
これぞ奇跡。崇めよ。

まぁネタバラシをすれば本当は折れてなかった、ただ盛大に左足首を捻ったというだけだったでしょうが、これまでの人生で骨折の経験がない私にとって絶望を覚える瞬間でした。
それ以来というもの、定期的に左足首を内側に捻ると関節が鳴るようになったのですが、別に日常生活に支障はないので問題ありません。

そしてここで冒頭に戻るわけです。
諸君、運動は良いぞ。崇めよ。
  1. 2020/12/16(水) 01:57:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

サンタさんへ、10億円ください お願いですから

何も無償でくださいというわけではありません。
私が毎週購入しているロト7、これの1等を当選させてくれればそれでいいのです。
なのでサンタさん、それを以て私に笑顔を与えてください。

日々この日記を書き綴ることにより、日常に何かしら影響が出ているか否かというのを先日考えてみました。
タイピングが早くなっただとか、文章の書き方が変わっただとか、語彙が増えたといったそういった影響があるのではないかと。
しかし思えばとある悪影響が露呈していることに気が付きました。

読んでいる人にもわかるかと思いますが、私の日記の言い回しというのはすごく独特なんですよね。
更には造語もいくつかあるわけでして、まぁ何年も日記を書いていれば造語のいくつかは仕方がないとして、その造語、言い回しが日常の会話で出てくるとなると結構な悪影響だなと。

私の仕事はメールや電話がそれなりにある仕事なんですが、先日遂にそれが指摘されたんですよね。
指摘と言っても叱責というよりかは疑問という感じではありますが、まぁ気をつけようかなと。
いや、個性が出る分別に気をつけるほどでもないのですが、まぁ気をつけようかなと。ほどほどに。

そう言えば前回の日記ですが、タイトルに"ホルン"って付いていたじゃないですか。
私の日記は更新されるとTwitter上にタイトルとURLがツイートされるんですが、そのツイートに対してホルン関係の情報ユーザーさんがいいねをしてくれたんですよね。
何か申し訳なくて申し訳なくて、あの手のユーザーはbotなのかは知りませんがちゃんと見てからいいねをするべきではないかとも思いましたが、何か申し訳なくて。

たまにあるんですよ、私のこの支離滅裂な日記タイトルに対しての反応というものが。
日記タイトルとは別ですが、以前にGOSSOを使用してのケツ毛を抜く内容を示唆したツイートをしたら、GOSSO公式からいいねをされたことがあるんですが、これは本当にそういう使い方もあるよという公認であるか、もしくは辺り構わずのいいねであったのか今となっては知る由もありません。

まぁそんな話はどうだって良いんです。
冬場に入って私の帯電が凄まじいことになってきました。
別に電気タイプだというわけではありませんが、冬場の静電気はなかなかどうして辛いものがあるんですよね。
金属に触れればまず発生。私は前世に一体何をしてしまったというのか。神様は私に何という試練を与えたのでしょうか。
静電気除去アイテムの購入も最近では考えていますが、どこに売っているんですかね。探せばどこにでも売っているんでしょうけれども、いざ買おうと思うとそこまで買う気が起きないと言いますか、忘れてしまうんですよね。
そしてまた静電気に悩まされると。

皆さんも静電気に悩まされてはいませんか?
良い対処法があったら是非試してみてください。
私は私でがんばりますので。
  1. 2020/12/15(火) 02:08:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

【論争】剣道にホルンの持ち込みは反則か否か

さっき日記書いたばかりじゃないですか。
面倒くさいですよもう。

現在時刻は1時50分。後10分で床に就きたいお年頃でございます。
なので私はこの10分で日記を書き上げたいと思います。
お粗末な内容になったとしても、閲覧者さんの皆さんの脳内補完でなんとかしてみてください。
少なくともマイナス補正ではなく、プラスの補正でよろしくお願いします。

コロナ禍ですっかり変わってしまった生活様式ですが、買い物の出先でも検温なんてことも当たり前になってしまいましたね。
最初の頃は入り口で検温係が立っていて、おでこを出すように指示されるなんてのがよくありましたが、今では検温装置と言いますか、モニターの前に立つだけで検温してくれる機械を入り口に設置しているところもちらほらあります。
場所によってはゲートや簡易建物の中を通れば勝手に検温するようなところもありますが、順応性と言いますか、逞しいものを感じます。

で、今回その検温装置についての話題なんですが、先日その検温装置が設置されている施設へと入ったところ、検温完了の際に音声が流れるタイプだったんですね。都度音声が流れてやかましいんです。
で、その音声もなんですが、「正常な体温です」と都度流れるそれが「善良な態度です」というふうに聞こえるんです。
ここはあれですか、教育施設的なそれですかみたいな。
そんなしょうもない考えを巡らせながらはい!次の話題に移ります!

先日久々に自転車に乗ったんです。
車を購入してからすっかり乗らなくなってしまった自転車。人間は便利なものに流れてしまうものですから仕方がないとは言いつつも、私が購入した自転車もそれなりにお金をつぎ込んだ良いものである分、常日頃から雨ざらしのまま放置しているのはもったいないと言いますか、忍びない現状なわけで、日々変なプレッシャーを感じているのです。
良いものであるというのに雨ざらしで壊れてしまわないかだとか、これ以上乗ることがないのであれば売ったほうが良いのではないかといった考えを巡らせているわけですが、先日、久々に乗ったんです。

冬場だからか蜘蛛の巣なども消えていて、汚れも少なく、多少の錆は見えましたが使う分としては遜色ないもので、車体に取り付けてある小物入れが鳥の巣にされていたのか荒れていて、尚且つ何かしらのナッツが詰め込まれていたのには多少くるものがありましたが、少し拭いて綺麗にしたら当初の姿を取り戻しました。
漕ぎ出して最初はギアが噛み合わないのかゴリゴリいっていましたが、少し走れば元通り。意外と保つものであると思いましたね。
使用頻度は今後も少ないかとは思いますが、色々と思い入れのあるものなので売るなどはせずに大事にしていきたいと思いました。

あぁ、何だか良い話をしていたらもう2時じゃないですか。
厳密に言えば2時5分。もうそろそろ今回はこれくらいでと切り上げてもいい頃合いかと思いますが、さっきから何か書こうと思っていて忘れてしまったんですよね。

――うーん、思い出したらまた書きます。
この辺は皆さんで何とか補完してください。
ヒントはとりあえず"定次さんは素晴らしい"でいきましょう。
  1. 2020/12/14(月) 02:07:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

12月58日は松ぼっくりの遠足

諸君、今日という日はもう日記の更新がないと思っていただろう。
以前にも日記に書いたかと思うが、残念ながらその日の日記の更新には24時間の猶予があるシステムとなっているため、今こうして日記を更新しても全く以てカレンダーに空きが出ることはないのだ。

久々に日記を休もうかと私自身も思っていたんですけどね、実を言えば今日一日ずっと日記の更新を気にかけていて心中穏やかではなかったんです。
かと言って何か書くネタがあるかどうかと聞かれれば怪しい限りでして、一先ず私はトイレに行きたいので日記を書いている最中ではございますが踏ん張ってきたいと思います。


――さて、戻ってまいりました、私です。
この2行の空白は皆さんにとってはあっという間のものでも、日記を書いている私からしたらリアルタイムで踏ん張っている時間を意味しているんですからね。
このたったの2行にも時間は経過しているものであると認識してもらいたいものです。

こういった日記には改行というものがつきものではありますが、私はなるべく改行というものを使用していないようにしていたりするんですよね。
それは読み手にとって読み辛い固まった文章であったとしても、あくまで活字慣れしていない閲覧者さんの皆さんが悪いという考えであって、私自身スタンスを変えるようなことはないと思われます。ポリシーってやつです。プライドってやつです。
郷に入りては郷に従え的なことわざって存在するじゃないですか。ここはその郷です。

なんて適当なことを書き殴っていますが、上記は単なる尺稼ぎです。
実際客観的に読み辛い文章があればそれなりに噛み砕くように努力はしますし、場合によってはフォントサイズやカラーにも手を付けます。
しかしながら一つだけ思うんですよ。
長らく日記を書いていた私にも改行で尺を稼いでいた時期があったわけでして、1行1行に間が空いている分読みやすさはあるにせよ、パッと見は下手なSSのような外観だったんですよね。
正直私は下手くそな二次創作SSみたいなものは見下しています。そんなもので私の便所の落書き日記よりもランキング上位を取られることに憤りしか感じません。

おっと、思わず口が滑ってしまったようですが、私はあくまで"下手くそな"という点について揶揄しただけですからね。
これに反応して叩くようなことがあればそれはもう自身が下手くそであると認めているようなものですから触れてはだめですからね。

さて、風呂に入る前のこの時間帯の日記はどうしても頭が冴えることがなく、喋りでいったら舌っ足らずな状況でしょうか、いまいち舌が回りません。語彙も少ないような気がします。
やはりこの時間帯に日記を書くというのは悪手なのでしょうか。
昨夜は思わず居眠りをしてしまい、起きたのが午前の2時3時でしたからね。そこから本格的に寝る支度をするとなると日記を書く余裕なんてものはまったくないわけです。
それでいて日記以外にもやりたいことは山のようにあるわけでして、先述では日記を書きたいばかりであったとありましたが、実を言えばそこまで優先度の高いノルマであったりするのです。
サボろうと思えばいつだってサボれる。毎日読んでくれている閲覧者の方々のために書く――というわけでもなく、使命感なんてものは何一つとしてありません。
ただ、私はこの日記を書くことに何か意味があるのではないかと――いや、何か違うな。
私自身を見出そうとしている――これも違うな。
ブログが栄えて稼ぎにできたら良いなって。そのためには継続が大事って思いながら日記を書いています。

で、あればつべこべ言うようなこんな面白くもない日記を書くよりかはもっと読み手に配慮したものを書けと。
実質そうなんですが、違うんですよ。バランスというものが大事なんです。日記で何かしら話を盛るのは大事ですが、プライベートの時間も大事ですし、先程書いたように優先度を考えると面白い日記を書くための時間を作るのはナンセンスであると。
毎日日記は書かなければならないが、面白い日記を書くための時間は用意できない。その矛盾を払拭した時、ようやく書き手も読み手も満足させられる日記が書けるというわけです。

故に私は最近悩んでいたりするんですよ。
最近日記が疎かになって内容が短くなっていると。
以前の日記は張り切りが目に見えていました。長ったるい内容がトップページを引き伸ばし、スクロールバーを潰し、それに快感を覚えていました。
ですが今はそうではない。早いこと終わらさなければという考えで引き伸ばしをしなくなっているのです。
これはどういうことか。飽きではなく、余裕の無さを表しているのです。
余裕の無さは生活習慣の乱れ。私はもっと精進しなければならないのです。

今から風呂に入って人気ケーキ屋のプリンを食べます。
  1. 2020/12/13(日) 22:30:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

株式会社"損失"

皆さーん、"恋"してますかー?

世の中恋バナに花が咲くのが盛り上がりますからね。
今回の日記は恋について語り、女子力を高めあっていきたいと思いますが!
そんな話はしません!この定次さんの日記に色恋もイロコイもアステカもありません!
そもそも前回は酷い頭痛に悩まされていたというのに励ましのお便りが何一つとしてきていない!ポストを覗いても届いていたのは手配していた保険の手続き変更届のみ!
百歩譲って慰めのお便り(お歳暮みたいなやつ)が届かないことに関して許すとして、アクセス数激減というのは一体どういうことでしょうかね。いくら普段と比べて力の入っていない記事であったとしてもこれは踏んだり蹴ったり殴られたりデンプシーロールでございますよ!
そんな中で恋バナなんて以ての外。憤怒の勢いで日記を書き殴って……"憤怒の天使アクローマ"?
今この変換ソフト、"憤怒"と変換しようとしたら第一候補として先述のフレーズが出てきたんですが、何ですかねこのニッチな変換候補は……。
呆れてしまって一気に怒りが収まってしまいましたよ。普段正当な変換をしないくせして、こういった変換には食い気味で力を入れてくるってどういうシステムなんですかね。得意なマイナージャンルに関してだけ急に饒舌になる人間みたいな感じで非常に感じが悪いです。
本当にクソ変換ですね。いつかこれを利用して一発変換だけで書く日記みたいな企画をやってみましょうかね。

さて、感情に身を任せて日記を書き殴るのもいいですが、そろそろ冷静になって本題に移りましょう。

先日から私、口内炎が痛いんです。
上唇の丁度真ん中あたり、前歯が引っかかって痛いんです。
別に私は出っ歯というわけではありませんが構造上引っかかる位置にありまして、故に治るものも一向に治らず、尚且つ何かを食べる時に痛いという。
そもそも口内炎なんて何で存在するんですかね。炎症だけならず、病気全般必要ないものです。
人類皆健康。それでいいじゃないですか。


――あっと、すみません。ちょっと呪術廻戦観てました。
集中力切れたのでこのあたりで切り上げていいですかね。また次回。
  1. 2020/12/12(土) 01:55:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

芸能人の結婚発表に負けじと定次さんも日記を更新

頭が痛いです。
厳密に言えば首の神経から眼底にかけてが痛いです。

そんな頭痛が酷い時はどういった対処が効果的かご存知ですか?
そんなのどうだっていいです。私は頭痛が酷いので今回はさっさと切り上げて寝たいと思います。

今回の日記、建前上はこうしましょう。
よくRPGなんかで"1ターンためてから次のターンにその分より強力な攻撃を繰り出す技"といったものがありますが、今回の日記はそれにしましょう。
今日の日がチャージの日。
明日に1倍の威力を持つ日記を更新するという体で進めましょう。
うん、それがいい。

それでは私はチャージしたいと思います。
また次回にお会いしましょう。ハァァァ.....
  1. 2020/12/11(金) 00:46:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

バブムーチョ横澤「マヨネーズの対義語はケチャップ」

下衆と皮肉が再開してから早幾月、最初は0だったアクセス数も徐々に徐々にではありますが増えつつあります。
本当に微増たるものですが、こんな日記でも読んでくださる方がいるということはありがたい限りではございますが、欲を言えばもっと増えてほしいですね。
アクセス数の変動というものは毎日PCで確認してはいるのですが、実際はどんな人が読んでいるのか気になるところではあります。
そこで実際に愛読しているよって人がいたら是非名乗り出てほしいものですね。
方法は簡単。電波ジャックをしてテレビ放送で全国に顔と名前を出すだけで結構です。
私は普段テレビを観ていないので見逃す可能性が非常に高いですが、その事件が話題を呼び、人伝にいつか私の耳に入るでしょう。
そしてその瞬間、きっと私は微笑むのです。ありがとうと。

さて、そんな盛り上がっている中大変申し訳無いのですが、本日何だか日記を書く気力が湧かない。
私何だか日記を書く気力が湧かない。
一応のこと夢日記のネタがあるのですが、このネタは企画のために保税蔵置場に保管しておこうと思いますので本日ネタがありません。

時間も時間ですからね。
現在時刻深夜の1時49分。良い子も寝静まる丑三つ時でございます。

そう言えば昨日の朝、私は危うくも寝坊をするところでした。
私の職場の始業は8時30分なのですが、起きた時間は7時40分過ぎ。通勤に車で10分から15分かかるのですが、諸々準備をしていたらギリギリ間に合うかというラインでした。
結果としてタイムカードを押したのが8時27分。仕事のペースは個々に委ねられている部分もあるのであまり問題ないですが、ギリギリセーフでした。
朝方ゴミ出しをしていなければもう少し余裕はあったかもしれません。

そんな遅刻ギリギリの原因の一つとなったゴミ出しですが、今回そのタイムロスを省こうと、先程既に燃えるゴミを出してきました。
夜中にゴミ出しをするという行為は少々インモラルを感じさせられますが、この時期気温は氷点下ですし、既に他にもゴミ袋が沢山捨ててあったので朝に慌てて捨てるよりかはよっぽど賢い行為であると思いますが、誰がこの夜中のゴミ出しというものを咎めているんですかね。
流石に数日前から出すなんてことがあればそれはモラルもクソもないでしょうが、日付を跨いでいる以上些末であるようには思います。

さて、ちょっと話はそれますが、私のこの今使用している変換ソフトですか。正直クソですね。
先程"燃えるゴミ"を一発で変換しようとしたんですが、"萌えるゴミ"と変換され、肝心の燃えるゴミは変換候補になかったんです。
誤変換ならまだしも、候補に常用語が無いというのはどういうことでしょうか。
以前から日記でこの変換ソフトについてクソミソ文句を垂れていますが、本当に幻滅です。
いつかもっと利口な変換ソフトに切り替えてやろうと思います。

話を戻しますが、ゴミを捨てる理由であろうとこの丑三つ時に外に出るというのは少々怖いものがあるように思います。
よくネットで見かけるような話がこの瞬間自分の身に襲いかかったらどうしようかと思うと帰り道も自然と足早になるものです。
どんな妄想がかき立てられるのかは面倒なので割愛しますが、私も昔はオカルトチックな現象を体験した人間でしてね。信じがたいですが、きっと世の中には言葉では説明し難いことが少なからずともあると私は思います。
まぁどんなことがあるのかというのは具体的には説明し難いので割愛しますが。

とりあえず過去に起きたオカルトチックな出来事などは今後の話までとっておきましょう。
今は睡魔に襲われる方が先なのですから。
  1. 2020/12/10(木) 02:10:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

油圧かじり虫

先日、買い物の最中に催した私は家に帰る前に道中立ち寄ったコンビニで用を足しました。
本当は帰宅してから家のトイレでゆっくりと放り出したかったのですが、漏れそうな手前仕方がありませんでした。

それにしても最近のコンビニのトイレは旧石器時代の便所と比べてかなり綺麗ですよね。
万人が使用するということで多少ばかり抵抗がありますが、大半の場所にウォシュレットが常設されていますし、手入れが行き届いているのでありがたい限りです。
しかし気軽に使用することができてありがたい反面、その分使用率が高いという点からトラブルも多々あるように見受けられます。
前に使用した人が流さないままであったり、トイレットペーパーが切れていたり……etc。

今回私が使用したコンビニのトイレは後者のそれでした。
トイレ自体は多目的トイレのような広さのある小綺麗なトイレでしたが、座ろうとしたところトイレットペーパーが切れかけているのを見かけました。
ホルダーが2つ取り付けられているタイプのトイレでしたが見た限りではどちらもギリギリというところ。
芯なしのトイレットペーパーを使用していると見受けましたが、それぞれ一回の巻き取りで使い切ってしまうくらいにまで減っています。
周りを見渡しても山積みにされたトイレットペーパーは見当たりません。
恐らく後ろの棚に在庫が入っているでしょうがモラル的に簡単に手を伸ばすことはできませんし、座る前にして一度躊躇してしまいました。
時間帯も夜ですし、特段混んでいる店舗でもないので咄嗟に店員さんに一声かけるものありかと思いましたが、下の世話から変に嫌な顔をされるのも嫌ですし、どうしたものかなと。
自分で言うのもなんですが、私自身一回の巻き取りに使用する紙は結構多い方であると思います。
故に今回の危険を察知した次第ではありましたが、この腹痛具合から簡単に拭き取れる便が出ることに望みを託し、リスクにかけることとしました。
最悪ウォシュレットで限界まで洗い流せば何とかなるやろという考えから、結果、一時の恥を撒き散らすよりも一室で一人糞を撒き散らすリスクをとったのです。

――ですが、腹痛具合に反して勢いよくこんにちはをしたそれは想像以上に柔らかく、軟便とまでは言いませんが、直感的に手元の武器では心許ないように感じました。
とりあえずは出し切る。柔らかくあろうが出し切る――そんな思いで私は下肢により一層の踏ん張りをきかせます。

ウォシュレットはいつも通り。
このまま拭いて拭ききれるかどうかが今回の鍵といったところでしょう。
私はホルダーにかかった1ストックを残し、渾身の力を込めて尻の割れ目をなぞりました。

結果……拭き取れた!
私は一回の巻き取りだけで尻を拭き取り、勝負に勝ったのです。
後の人への責任転嫁のための1ストックも残すことができましたし、最高の結果となったでしょう。
次に入る人には気の毒ですが、補充されているか、もしくは上手いこと立ち回れることを願います。
私は水面下で密かに糞を放り出すミッションに成功しました。ただそれだけです。
  1. 2020/12/09(水) 01:51:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

頭隠して本当のワタシ包み隠さず

風呂上がりの飲み物をパイナップル酢からリンゴ酢へと変えました。
これで私のイメージもパイナップル酢を飲んでいる人からリンゴ酢を飲んでいる人と変わるでしょう。

この風呂上がりのお酢ドリンクは炭酸割りで飲んでいるのですが、同じ炭酸水を毎日使うとなると日々炭酸が抜けていくんですよね。
この炭酸が抜けていく現象をアマージス反応と呼ぶのですが、この対策として容器内の気圧を上げ、容器内の空気部分に炭酸が入り込まないように抑えつける方法があります。

勿論毎日のように新しい炭酸水を都度購入するという手もありますが、それだとコスパが悪いので私は専用の形状をしたキャップに挿げ替え、上記のように炭酸が抜けないようにしています。
その気圧を上げる際に自転車の空気入れのようなピストン運動が必要となってくるのですが、私はその作業をいつも東京フレンドパークのフラッシュザウルスを想像しながら行っています。

それが言いたかっただけです。
因みにですが、アマージス反応というのは適当な名称です。本当は何て呼ぶのかは知りません。
何しろ私は理系でも何でもないですので。

さて、切りのいいところで一旦CMを挟みましょう。
CMを挟むことで閲覧者さんの皆さんは興がさめ、集中が途切れ、次の話題を受け入れる体勢ができます。
CMを入れることで数あるアクセスの中から誰かしらは応えてくれるため、こちらとしてもアクセス数獲得のチャンスを得られてありがたい限りです。どっこいどっこいというやつですね。


前回の日記は時間がなかったので2つ置いておきます。だからといって何か意味があるかというと、何の意味もありません。
毎週放送しているテレビ番組が前回お休みだったという理由でCMを倍入れてきたらそれは最悪ですが、平面で情報を得られる日記からしたらあまり意味のないことであるとよくわかるかと思います。
なのでいっぱい貼っておきます。


でも実際視覚上の情報としてこれだけ寄せ集まるとなると鬱陶しい以外の何者でもありませんね。
確かにネット上の広告でも鬱陶しいものは鬱陶しいですからね。まぁ私の日記に関しては関係のない話ですが。

さて、こんな戯れはどうだって良いんです。
本題に移りましょう。皆さんお待ちかねの本日の本題です。
何と本日の本題は本件に関する本当の本屋さんが――という面白くもない話ではなく、夕食に飲食店でカレーの大盛りを頼んだら、想像以上に量が多かったという話です。

昨日、私は仕事が忙しく、昼食は疎か、昼休みを返上してまでも仕事に打ち込んでいました。
よって残業後に家に帰る頃には空腹がなかなかのものになっておりまして、その流れでカレーの大盛りを頼んだわけです。
そうしたら思った以上に量が多かったと。
食べ終わる頃にはアウターからもお腹の膨れ具合がわかるくらいに腹が張り、このまま切腹したら中から蕎麦ならぬカレーが出てくるんじゃないかというレベルでした。
まぁそれだけの話です。腹を切ったらカレーが出てくるという話をしたかっただけです。
実際は明け方に尻からカレーが出てくるだけの話です。

そう言えば昨日、コンビニに行った際に対応してくれた店員さんが私の名字と同じであるのを見かけました。
私の名字というのは別に物珍しい名字というわけではありませんが、当人としてはあまり見かけたことがなく、何だか珍しいなと、何だか新鮮だなと、そう思ったのです。
だからといって何だという話ではありますが――別に何だということもありません。これ以上話を広げることもありませんし、ただ珍しいなと思ったことをぼそっと口に出しただけです。
ぼそっと口に出しただけのことにとやかく言われる筋合いはありません。私がこの日記に何を書こうが勝手でしょう。気分を害しました!終わります!
  1. 2020/12/08(火) 03:05:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

苦味を抑えたハードボイルド小説

現在時刻は午前2時12分。
明日提出予定の年末調整をギリギリまで粘って、先程ようやく仕上げました。
実際蓋を開けたら大して難しくはないようだったように見受けられましたが、如何せん相変わらず不親切な内容であったという印象です。

さて、そうこうしている内に寝る時間も刻一刻と失われ、もう日記を書く猶予もありません。
しかしは毎日それなりの日記を書こうという試みをしている現在、ここで日記をサボり、穴を空けるわけにはいきません。
そこで私は一つ考えました。

現在時刻は午前2時15分。
今から5分のアラームを設定し、アラームが鳴るまで日記を書こうと思います。
勿論鳴った時点で即終了。途中段階のものでも手を止めて、そのまま投稿したいと思います。

ではスタート。

最近私は尾てい骨を痛めてしまったのか、それとも体重が増えてしまったのか定かではありませんが、日記を書き終えると同時に椅子から腰を持ち上げると尾てい骨辺りが酷く――というほどでもありませんが、少し痛みます。
嘗て中学生時代に友人から尾てい骨に思いきりニーキックをもらい、悶絶した経験がありますが、今更になってその痛みが湧いてくるなんてことは考えられないでしょう。
しかし、あの時は本当に痛かった。いくら箸が転んでもおかしい中学生時分であっても、あれはいけません。
椅子引き然り、悪意のない悪戯が大事故を招きますからね。気をつけるべきです。

何だか本来書きたかった話よりずっと話がそれてしまったような気がします。
こんな話を書きたかったのでしょうか。私は今日何のネタを元に日記を書くつもりだったのでしょうか。
もっと何か夢日記的なそれを書くつもりだった覚えがあるんですが、何と言いますか、時間を気にし始めたらしょうもない話でもひたすら尺を伸ばそうと必死になっているように見受けられます。

今と
  1. 2020/12/07(月) 02:22:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

Baby as not as trip in the car.

検証!普段夜更けに日記を書いている定次さんが日中に日記を書いたらどうなるか!

先日、夢の中でゴキブリを指で潰した私ですが、そのゴキブリは親子だったようで、夢の中であっても2つの命が指の中で弾けていく様は何とも無常なものであったと、そう感じ――ませんでした。
何しろゴキブリですからね。しかも夢の中ですし。
それにしても指で潰すその感触は起きてからも残っていまして、別段実際に何かを潰していたわけではないですが、何とも気持ちの悪い感じがしました。
表面は固くて、潰すとプチッと弾け、中はとろっとろ。
夢を見るのは勝手ですが、現実に持ってこられるのも困るものです。

いや、夢で当たった宝くじは現実にも持ってきてもらいたいものです。

そもそも私はゴキブリに抵抗がないのかというところですが、できれば触りたくないのは当たり前として、足が生えている虫は意外と大丈夫であったりします。
ゴキブリを見たとしても雪国に生まれ、北国に住んでいますからね。そもそもあまり身近に感じていないといいますか。

ですが、私は虫に耐性があるという話は語弊がありまして、確かに大丈夫なものは大丈夫ではありますが、足のないもの……所謂幼虫ですね。芋虫毛虫蛆虫あたりはめちゃくちゃ嫌いです。
私がナタを持って襲ってきたらすかさず向かって幼虫を投げてやれば逃げていくこと間違いありません。
私自身銀行やコンビニという存在であった場合、幼虫を片手にカウンターに立つだけで強盗は成立するでしょう。

それほどまでにその手の虫が苦手な私ですが、葉物と幼虫というものはなかなか切り離せない関係にありまして、料理で葉物を下ごしらえする時なんかは恐ろしく身構えた状態で行うこととなります。

先日もそうでした。

実家から白菜が送られてきたということで、あまりにも使い切れないがために白菜キムチを作ろうと思ったのです。
で、いざ作ろうとなると葉を一枚一枚めくっていかなければならないわけですが、誇張表現も何もなしに私は人差し指と親指で葉先をつまみ、ゆっくりと覗き込むようにめくりながらクリアリングしながら剥がしていきました。
寒い時期だったからなのか幸い虫は見当たらなかったのですが――途中、1匹ほどいましてね……。
大きさにして1~2mm程度のちっちゃい虫でしょうか。私はそれを見てこわばってしまい、動けなくなってしまったんです。
定次さんとあろうものが情けないと思いますが、ビジュアルもさるものながら、水なんかでちょっとでも刺激を与えた際のあの悶えるような動き、あの気持ち悪さといったらもう気持ち悪くて気持ち悪くてもう気持ち悪いばかりです。

なるべく離れた場所をつまんで葉先を三角コーナーへ向け、滑り台のようにして水を流し退治します。
これで一安心してようやく調理へと入れるわけですが、それまでに日記一つ書けるくらいの時間を要していました。
しっかし本当に情けないものです。まぁ人間誰しも苦手なものはありますから仕方のない話ではありますが。
私は幼虫と柿が大嫌い。この話は人生の復路に立ったあたりでテストに出ますから覚えておいてください。

そういえば虫と言えば昔私が名古屋で一人暮らしをしていた頃、実家から送られてきた米に虫を湧かせてしまったという話があります。
米びつに移して、シンク下に米唐番と一緒に保管していたのですが、米唐番に信頼を寄せすぎましたね。
梅雨の頃、ジメジメとただでさえ湿気が多い中、シンクの下のスペースが丁度いいからってそこに保管していたらそりゃあ湧きますわと。
米びつを開けたら何だか粒が固まっていたので何だろうと思ったら、もうそこら中に虫が孵化していたわけで。
全て羽化した蛾であれば駆除できたんですがね。とりあえず無理なので即座に蓋を閉め、ぐるぐる巻きに梱包し、実家へと送り返しました。

現在我が家では私と嫁との間でとある取り決めをしています。
それは足が付いた虫が湧いた場合は私が処理し、幼虫の類は嫁が処理をするというもの。
無論、嫁もその手の虫が得意というわけではありませんが、それほどまでに私の拒否反応が凄いという話です。
今更ですが、だって1~2mm程度の存在に震えているんですよ?象がネズミに負けているんです。
そう思うと私も一人のか弱い人間であると実感できますね。完璧な人間なんて世の中にはいないのです。

さて、本題に移り前にここ最近恒例としているCMを入れましょう。
閲覧者さんの皆さんの好意でこの日記は存在していますからね。その好意を形にしてもらわなければ私としては困るわけです。

だからタップ。全ては閲覧者さんの皆さんへの救済のためです。

最近豆苗を料理に使い、根の部分を三角コーナーへぶち込んだからか部屋中が豆苗臭いです。
時間が経てば収まりますが、シンクでお湯を使用し、それが三角コーナーに入った際、再び臭いは蘇ります。
豆苗の臭さは人を選びますが、豆苗ってすごいなぁって思いました。
はだしのゲンの麦を豆苗に置き換えても遜色ないと思います。
だってゴミの掃き溜めである三角コーナーで今も尚スクスクと育っていますからね。流石にもうそれを食べる気は起きませんし、そろそろ三角コーナーのゴミも捨てないとまずいのでこれ以上の成長は見られませんが、きっと捨てられた先でもスクスクとまた育つのでしょう。
スクラップの中からピョコッと芽を出して~fin~の文字でも入れれば絵になるってなもんです。
まぁスクラップなんかではなく焼却でしょうけどね。
炉の煙突から芽を出して~fin~ってなもんです。どこぞのストップモーションアニメかにありそうな終わりですね。

で、そんな豆臭い話題に関して本題なのですが、先日ドラッグストアでスナック菓子の"ビーノ"と"さやえんどう"を購入しました。
目的としては勿論食べ比べなんですが、実際どうなんでしょうか。
これまでどちらが好きだという考えもなしに、気まぐれに食べたいと思った時に購入していましたが、実際同時に食べてみたらどうかと。

手短に結果だけ書きます。
どっちもどっちです。

厳密に言えばビーノはちまちま一つずつ食べた方が美味しいですし、まとめてざらっと食べるのであればさやえんどうの方が美味しいです。
無論これは私個人の意見なので参考までにしかなりませんが、食べ方によって美味しさが違うというのは確かであると考えられました。
気になる方は是非とも試してみるべきです。いや、試してみるんだな。フハハ。
  1. 2020/12/06(日) 14:25:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

まほろば.dat

年末調整(を書こうとする気力が湧かないこと)に苦戦しております、今日この頃です。

私は毎週のことロト7を2~3口ほど購入しているのですが、今回いつも固定で買っている番号が当たりましてね。
それも3等。200万円を超える金額でした。
動揺のあまり何度も数字を見比べましたが、頭の数字が4桁続いて当たっていただけに凄く惜しかったです。
しかしそれでも200万円という大金。折角ならば1等が当たれば――と言いたいところですが、これほどのラッキーに難癖をつけるはナンセンスです。
人生全体で見るのであればあぶく銭であることに変わりはありませんが、使いどころは広くあるはず、大事に使っていきたいものです。

と言う夢を見ました!
クソ!マジでクソ!
昨日確認した番号は何一つとして当たらないクソ中のクソ!

こういったパターンというのはそのまま正夢として現実に反映されるのがベターじゃないですか。
少なく見積もっても、それよりも小さな額で当選して、「やはり現実ではこんなもんか」でささやかな喜びとして終わらすのが様式美ってなもんです。
それがどうですか!何一つ当たっていない!クソクソアンドクソです!

昨日は久々に21時頃まで長引く残業でした。
引っ張るに引っ張り、夢で期待させておいて、挙げ句何も成果がなかった!拍子抜けもいいところです!
先日の日記の内容みたいなくっそどうでもいいことにデジャブを感じておきながら、都合のいい夢は現実に怒らない……何とも腹立たしいものです。

私が今年掲げた抱負だか公約の一つにロト7の1等を当てるというものがあるのですが(うろ覚え)、もう12月です。このままでは有言実行できないじゃないですか。
他に掲げた公約は大体こなしているというのに、一番肝心の宝くじ当選がないのは残念極まりない。
是非とも今年中に一攫千金を手にしたいものです。

時刻は現在午前3時38分。
週末とは言え、こんな時間に日記を書くのもどうかというところです。
昨日に購入した重たい毛布が布団で待っていますからね。休日の朝をあの布団にくるまってゆっくりと迎えたいところなので、早いところ日記を切り上げたいところですが、まだまだ書くことは残っています。

まずその毛布の寝心地について。
今回その重たい毛布を従来使用していた毛布と掛け布団の間に忍ばせて使用しているのですが、如何せん重さが凄まじい。
おかげで昨日の朝は寝過ごすところでした。
まぁ夜更しをしていたのが主な原因かとは思いますが、個人的に寝心地はとてもいいということで満足しております。
興味がある人は是非購入してみてください。

私はあくまで良かったものを勧めるだけですからね。特に広告の仕事をいただいているわけでもありません。
広告の仕事が入ればガッツリといきますからね。しかしながら現時点では1からスタートした貧弱な1ブログ。アフィリエイトで稼げるようになるにはまだまだ努める必要がありそうです。
仮にもしそんな大きな話にまで発展するようなことがあれば、このレンタルブログからも移転を考えなければなりません。
そうしたら1からHP作りをしなければならないのでなかなかどうして大変そうですね。
取らぬ狸の皮算用も机上の空論としては楽しいものです。

そんなところで一旦CMです。

ブログランキングのバナーを貼り付けておきますので、閲覧者さんの皆さんは心ゆくまでタップorクリックしてください。
広告案件がない以上、宣伝をするのは私自身しかありませんからね。皆さんでこの日記を大きく育ててください。

昨日、私は昼食にカップ焼きそばを食べました。
最近のカップ麺というのはお湯を注ぐだけで完成というものではなく、知育菓子のように中に小袋がいくつも入れられているのがスタイルとなっています。
で、その中でペースト状の調味料があれば蓋上で温めるのが常識となっているかとは思いますが、世の中常識を覆してくることは身近にいくらでも転がっているのでしょう。
説明を読まずに作った今回のカップ麺、温めるのが常識であると考えて蓋の上で温め、いざカップの中に入れようとしたところ、小袋に「蓋の上で温めないでください」との記載があることに気がついたんですよね。

そんなんわかるわけないじゃんと。
麺の底から小袋が出てきた時くらいの理不尽さを感じましたね。
まぁ底から小袋が出てきたことなんて今まで一回もありませんが。

とりあえず今回の話から言えることは、カップ麺作りも油断してはだめですよということです。
何事も説明は一度確認しておきましょう。もしかしたら取り返しがつかなくなってしまう場合があります。
今回はいざ混ぜてみたらなんとかなったので、もしかしたら公式のブラフだったのではと結論が出ましたが、次回からは確認してから手順通りに作りたいと思える良い教訓となりました。1週間後あたりには忘れているでしょうが。

結果としてそのカップ麺自体があまり美味しいものでもなかったので、なんとかなったというフォローも無駄に終わりました。
閲覧者さんの皆さんもちょっとばかり凝ったような奇をてらったものにチャレンジする時は心するようにしたほうが良いですよ。

さて、もし今回の日記が広告案件だった場合、この内容は一体どうなるのでしょうか。
今書いていて思いましたが、特に台本がなければきっと手のひらくるっくると回して私は皮肉を乗せた上で絶賛していたでしょうね。
企業案件、お待ちしております。
  1. 2020/12/05(土) 04:00:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

後奏曲第二節いろは歌

前回の日記同様手短に済ませます。

決して日記をサボりたいからという理由ではなく、寧ろ日記への情熱は尚も燃え上がっているのですが、如何せん年末調整に苦戦しておりまして……。
厳密に言えばやる気が出ない。これは昨日も日記に書いたかと思いますが、とりあえず気力が湧かない。
それ故に日記にまで影響が出ております。

しかしここ毎日更新し続けている日記を途切れさせるわけにもいきませんし、建前上、読んでくださっている皆さんのためにも日記は書き続けます。
なので今回は簡単な内容。

冬も寒くなり、掛け布団と掛毛布、敷毛布だけでは心もとない寒さに鳴ってきました。
あぁ、相変わらずこの変換はクソですね。何で毎度のごとく同じような文章の入力と変換を繰り返しているというのに、こうも変換ミスや常識から少し外れたような変換候補が上がってくるんでしょうか。
本当にこの変換はクソです。日記を書いていてイラつくことトップ3に余裕で入りますんべ。

ますんべって何ですか。
いくらタイピングが我流と言っても最後に噛むのは文章上でも恥ずかしいでしょう。
変換ミスにタイプミス……まるで妥協で日記を更新するくらいなら書くなと言わんばかりに私のPCが私に反抗してきます。

ですが私は今日も日記を書く。
昨日、私はシングルサイズでも重さが5.5kgもある"重たい毛布"を購入しました。
羽毛布団は軽くて暖かいほうが良いというのを謳い文句としている販売店、そしてそのトレンドに乗っかる消費者達。
私はその中でもマイノリティーであるかどうかはわかりかねますが、重くて冷たい布団が好きということから前からこの重たい毛布を購入したいと思っていました。
毛布なので冷たくはありませんが、重たいというのは非常に魅力的。

親戚の家に泊めてもらった際、押し入れから出されるギッチギチに綿が詰められた重たい布団というものがあるでしょうが、私はあれが好きでしてね。


……
………

以上、私の好みの話でした!
次回は私の嫌いなものの話です!乞うご期待ぃ!
  1. 2020/12/04(金) 01:11:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

新生姜を削いだらそれはもう卵焼きでは

年末調整に苦戦しております今日この頃です。
届くはずの控除証明書が届いていないことに一昨日気付き、そういえば住所変更手続きをしていなかったなと……時間のない中慌てて手配を進めております。
慌てていながらも依然とやる気が湧いていないのは否めませんが、あんなもん手にとったらそりゃあ書く気も起きないでしょうよ。
私自身本職は事務職でありながらも、本音はこれです。
この状態がダラダラと続いて締切で焦るまでがテンプレートなんでしょうねきっと。

そして更にはその失せた気力がこの日記まで伝播してきていると。
毎日じっくり日記を読みたい閲覧者さんの皆さんにとってはいい迷惑ですよね。

ここ最近アクセスが落ちてきている気がするので実際じっくりと読んでいる人がいるかどうかも怪しいところですが、それはそれは私からしたらとても寂しい話です。
中にはきっとコアなファンもいるでしょうから、ライトなファンもコアなファンも仲間づくりのためにこの下衆と皮肉を是非とも流行らせてください。


ここにランキングバナー置いておきますんで。とりあえず沢山クリック、タップしておいてください。
それが私の利益となり、閲覧者さんの皆さんの喜びとなります。

昨日私は昼食にカップ焼きそばを食べました。
2階事務所から給湯室のある1階まで移動するのは面倒ですが、生でボリボリいただくわけにもいかないですので、致し方ありません。
私は多忙な中、無意識下でお湯を流して事務所へカップを運びます。
給湯室でソースを混ぜようかと思っていましたが、無意識下だったのですっかり忘れていました。
手元には蓋が取り除かれたカップ焼きそばのみ。
気がつくとソースの袋はいずこへ。

給湯室で蓋を捨てたまでは覚えています。
そのままソースを混ぜようと考えていて、混ぜずに事務所に持ってきたのは今になって気が付きました。
で、あれば考えられるのは給湯室にソースを忘れてきたか、あるいは蓋とともに捨ててきたか。

急いで給湯室に戻ってソースを探すもどこにもない。
で、あればやはりゴミ箱に捨ててしまったに違いない。
昼飯時、狭い給湯室でゴミ箱を一人漁っていたのは何とも滑稽な姿だったでしょう。
しかしそれでも見つからず。
もしかしたら誰かがラッキーと思ってネコババしていったかもと思いました。
何の使い道があるのかと思いますが世の中には色々な人がいますからね。

私は焦りました。
何の味もしないカップ焼きそばを昼飯に食えと。

散々探しましたが結果どこにも見つからず。私は諦めざるを得ませんでした。
しかし事務所に戻り、席に着き、ポケットに手を入れると何やら小袋が。
そうか、私はあの時に無意識下でポケットにソースを片付けていたんだった――安堵が込み上げるのと同時に、あまりの拍子抜けに思わず笑いがこぼれます。

すっかり冷めきってしまったカップ焼きそばにソースを混ぜて昼飯をいただきます。
今回食べるカップ焼きそばはあまり食べたことのない味、塩カルビ味でしょうか。ちょっと奇をてらった部分に魅力を感じて購入した次第です。

美味しくなかったです。
それは冷めていたからという話ではなく、単純に美味しくなかったです。
もう買わない。もう買わないし、カップ焼きそば作りにも油断はしないようにします。
  1. 2020/12/03(木) 00:51:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

空想世界旅日記について方針変更のお知らせ

先日も日記の片隅でお知らせをしたかとは思いますが、今回復帰する契機となった新企画がどうも私の中で伸びが悪く感じます。
やはり即興で世界を考えての記事というものはつぎはぎだらけで無理があるんじゃないかと。
で、あれば今一度方針を変えてみようと。

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('*`)
     ノヽノヽ
       くく


定次さんは閃きました。

前回のお知らせで方針変更をして間もなくの話ですが、今回の話はあくまでプロットの話。
空想世界へトリップし、戻ってきたらレポートを繰り返すというのが最善手ではないかと。
そしてもう一つ、夢の内容を旅日記とする企画を考えていたのですが、如何せんこれは文字に起こすの条件が非常に厳しいと判断しています。
しかしながら一度夢に見た断片をつなぎ合わせ、その断片をトリップの種として妄想し、夢日記と妄想日記を織り交ぜた旅日記をつけたらより良くなるのではないかと。

日記のネタもトライアンドエラーの繰り返しです。
以前までの空想世界旅日記は削除対象とし、近日中にリニューアルとします。
現時点ではまだ目処が立っていないので普通の日記が続きますし、記事管理も行わないですが、必ず実行に移すつもりではいますので乞うご期待ください。
  1. 2020/12/03(木) 00:03:04|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
次のページ

purofi-ru

定次さん

【定次さん】
食文化と倫理の狭間に生きながらも、軸のズレたリアリティに妄言を加えてカオスと究極のカタルシスを追求し、文章を媒体として視覚的に、尚且つ、盲目的に閲覧者に無償で無価値な情報を提供しています。

tsuitta-

@sadatsugu_san からのツイート

karenda-

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

tsukibetsu a-kaibu

saishinn kiji

kategori

空想世界旅日記 (15)
日記 (116)
お知らせ (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する