閲覧者が跪いて読む日記です

ランキング参加!いっぱい押してね!

夏の季節、君は浜辺をすり足で走り回り、ゴムタイヤをかきこんだ

1割引きの砂肝を君は食べたことがあるか?

今日は無性にジャンクフードが食べたい気分だったので、昼頃にむっくりと起きてからマクドナルドまでハンバーガーを貪り食うために出掛けました。
購入したものは4つ。てりやきバーガー、フィレオフィッシュ、てりやきチキンフィレオ、スパイシーチキンバーガーを全て単品で注文しました。
私はポテトもソフトドリンクもいりませんからね。ナゲットならば買っても良いですが、流石に4つもハンバーガーを食べたらナゲットは無理だろうということで今回はここまでとしました。

そしてこの購入する際に起きた出来事なんですが、マクドナルドって会社規模で言えば大きなだけあって、入店の際の検温器だったりが結構ハイテクだったりするんですよね。コロナ対策もテクノロジーで物を言わせている感じです。
で、その検温器がカメラによるものなんですが、私が映った時どうしてもマスクを検知してくれなかったんですよね。
凄いですよね。カメラに映った対象を見て、マスクをしているかどうかも判断してくれるんです。
ですが、私の場合はマスクをしているというのにどうしても"マスクをしていない"と表示されるんです。

もしやあれですか。
私はマスクと同化してしまったという凄い状態になってしまったんですか。
それとも、自分自身ではマスクをしているつもりであったが、実際はしていなかったと。
それとも、自分の認識しているマスクというものは世間ではマスクとは呼ばれないものであったという話だったのかと。

何にせよ今日の私は機械に嫌われていたんです。
キーボードを叩いている現在も、いつも以上にタイプミスが頻発していますからね。
これは私の技量ではなく、機械が不機嫌であるということです。

不機嫌といえば、今日の私の内臓も不機嫌だったように思えます。
1割引の砂肝を焼いて食べてみたんですが、どうも中が真っ赤だったようで、その時は夕方の頃で部屋も薄暗く気付かなかったんですが、どうも真っ赤だったようで。

気付いてから今一度火を入れ直しましたが、口に入れたものはどうしようもなく。
先程腹を下していた時がありましたが、それが原因だったのかは不明で、現状は治まってはいますが、このまま何もないことを祈るばかりです。

人間強がりから「自分は鉄の胃袋だ」と自負する瞬間がありますが、体内からやられる時はやられるんです。
私もそんな自負がありましたが、下す時は下します。体調を悪くする時はするのです。
残り有給が少ないので、ひとまずは仕事に影響が出ないことを祈ります。
スポンサーサイト



  1. 2021/02/28(日) 01:50:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

ボブで描いたアルハンブラ

先程まで首筋に生えた髭を抜いていました。

日記を書く手前で首を手でなぞったらどうもいくつか伸びている髭が目立ちましてね。
もしかしたら朝方に髭を剃る際、首の髭を剃り忘れていたんじゃないかと思いながら先程までピンセットで首筋に生えた髭を抜いていました。

今回はそんな髭にまつわる話をするわけでもなく、さっきシャワーを浴びていた際に思ったことを日記に綴っていこうと思います。

最近の私は頭を洗う際にトニック系のシャンプーを使用しているのですが、これがなかなか気持ちが良いものでして、今日は特段指に力を入れてぐいぐいと洗ったらいつも以上に気持ち良かったのです。
指の腹を使って押し込むように、且つ、痛みを伴わないように丹念に洗ったらいつも以上に気持ちが良かったのです。
トニック系のシャンプーなだけあって、染み込むような気持ち良さがそこにありました。
浸透圧とでも言いますか、じわぁっと吸い込まれる感覚にトムは目を覚ましました。
「いい夢を見た気がする……」
カーテンの隙間から差し込む朝日に目をこすりながら、彼は珍しく目覚まし時計よりも早くに起き上がりました。
ピピピッピピピッ
突如として鳴り響くアラーム音に顔をしかめながらトムは香ばしい香りがするキッチンへと向かいます。
「おはよう、ママ」
そこにママはいません。6人はかけられるであろう大きめのダイニングテーブルの上には出来上がってまだ間もないワンプレートのベーコンエッグと、一通の置き手紙が置かれていました。
――愛するトムへ
ベーコンエッグを作っておきました。食べたら学校に行きなさい。――ママより
トムにはママがいません。この置き手紙も昨晩に自分のためにしたためたものです。
翌朝の自分のために彼がしたためた自我を保つためのただ一つの手紙。彼はわざわざ早起きをしてまで自分のためにベーコンエッグを焼き、丁寧にラップをかけ、一度ベッドルームへと戻ってからわざと寝たふりをしていたのです。
この地域でたった一人の人間となってしまった今、彼は10年間毎日をこうして暮らしています。
毎日したためた手紙に書く文章ももう見当たりません。今ではママの顔は愚か、言葉すらも思い出せないのです。
悪性新生物による緊急避難命令が下った過去も久しく、たまに上空を飛ぶヘリコプターの音が鳴り響く以外、トムの周りは静寂が常となりました。
点けたテレビからは時折思い出したようにニュースに取り上げる以外、笑いが溢れるバラエティばかりが映ります。
食べ終えたワンプレートにこびりついた黄身とギトっとした油。シンクの中に積み上げられた汚れたままの食器の中へとまだ香ばしい香りが残るワンプレート放り投げ、彼は意気揚々と今日も学校へと向かいます。

これまで何度と同じように頭を洗ってきましたが、こうまでも気持ち良いことがあるものかと新鮮な気持ちになりましたね。
元々入浴やシャワーは頭が冴える行為なので好きですが、今回の件でもっと好きになった気がします。
風呂に入るという行為自体には毎度尻込みしてしまいますが、いざ入れば忽ち気持ちが裏返る。日常の中での不思議であると私は思いますね。
  1. 2021/02/27(土) 02:43:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

ヘンゼルとグレーテル、全てが鴨南蛮でできた家を見つける

皆さんは本物の玉子焼きというものを食べたことがあるでしょうか。
この質問に対し誰もがムキになって「食べたことがある!」と言い張るでしょうが、その考えは非常に浅はかと言いますか、早計ではないでしょうか。

何故なら大体の人が食べたことがあると私は思うからです。
これまでの経験から本物と言えるクオリティの玉子焼きを食べたことがあるかどうかというのを私は聞いているわけではありません。
焼いて出来上がれば酸いも甘いも皆一緒。器で溶いて、フライパンの中で形を成したその卵の行く末を口にしたことがあるかということを私は皆さんに問いただしているのです。

確かにこだわりが強い人であれば一定水準にまで達してなければ玉子焼きとは呼べないとのたまう人はいるでしょう。
ですがここはただの日記です。特段美食家というわけでもなく、名字が山岡でもない人間が書いているただの日記です。
なので、この日記上での玉子焼きの定義をここで挙げておきましょう。

下衆と皮肉にとって玉子焼きとは――溶いた卵(調味してあるかは問わない)を熱したフライパンの中に流し込み、熱を加えて形成し、人間が可食できるようにしたものである。出来上がったものに関しては可食の範疇であれば品質は問わない。

ではここで改めて皆さんにお聞きしましょう。
皆さんは本当の玉子焼きというものを食べたことがあるでしょうか。

この問いに対して大半の人が「Yes」と答えるでしょう。
「Yes」と答えられなかった人は相当な貧困国で生まれ育ち、今も尚、爪を齧りながらディスプレイを覗き込む存在そのものが矛盾した人間か、文字が読めないのにこの下衆と皮肉を閲覧している右脳しかない人間か、はたまた母親のお腹の中で画面を覗き込んでいる将来有望な人間か、素直になれずに「はい」と言えないひねくれ者か、はたまたこの日記をちゃんと読んでいない不届き者かといったところでしょう。

まぁ何にせよ私の日記はいつだって平等です。
赤ん坊にもお年寄りにも、貧しい人にも豊かな人にも誰にだって優しい日記です。
ミミズだって、オケラだって、アメンボだって、皆人間ではないのでサービスの対象外ではありますが、誰にだって平等な情報を提供するのがこの下衆と皮肉です。

本当の玉子焼きを知らない?そんなことは関係ありません。
言えば冒頭からの無駄に長い玉子焼きの定義付けも意味はなかったかもしれません。
前置きがなくとも、何をしたのかが伝わればそれで良いのです。

――そう、私は今日、初めて箸を使って玉子焼きを巻きました。

ターナーも使わず、テレビや動画などで見かける職人が焼く玉子焼きが自分にも焼けないかと思い、見様見真似で巻きました。
そして、歪ではありましたが見事に巻くことができたのです。
ターナーを使うよりもよっぽど難しく、非効率的。腕の立つ人からすればどうなのかはわかりませんが、腕の立たない人からしたら非効率を極めた作業であったと心より思いました。

出来たからと言って何だ。卵を片手で割れるくらいのレベルの自慢にしかならないじゃないか。
言えばそれ以上でもそれ以下でもない話です。
しかし私は今日、お弁当のおかずを作る際に中に詰める玉子焼きを箸で巻いて、そして見事形を成した。

偉大なことです。
  1. 2021/02/26(金) 01:24:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

自生するアルファベットを刈り取れ!ゴマンダ大選手権!

勢いの良いタイトルとは裏腹に、今の私は頭が痛くて元気がありません。
生まれたての頃はこの世を偲んで常日頃から泣き叫ぶほど元気が有り余っていたというのに、体積が数十倍にも膨れ上がった今は泣き叫ばれる側へと回っています。

社会が怖くて頭が痛いわけではありません。
勿論頭を抱える悩みは多いですが、そんな愚痴を日記でこぼしたとて第三者からしてみたらどうだっていい話です。
他人の愚痴を眺めて気持ち良くなる人間はいないこともないでしょうが、きっと少数派の中でも更に一握りの激レア的存在なのでしょう。

で、何故頭が痛いのかと言いますと、相も変わらず首を痛めてからの神経痛が原因なのですが、先程愛用している座椅子が壊れてしまいましてね。
元々背もたれに違和感があったのですが、遂に私の体重からか起き上がらなくなってしまいました。

この座椅子ですが、いつも食後にうたた寝をするのに丁度いい姿勢を保持してくれましてね。背もたれが起き上がらなくなったからどうしたという考えで今回もいつもの通りうたた寝をしたんです。
そうしたら案の定首を痛めてしまいましてね。で、現在頭が痛いというわけです。

現在私は新しく開設するブログのために日々慣れないウェブサイト作成に勤しんでいるわけですが、これではまるで集中ができない。
前回の日記でも書いているように失いつつある日本語力を養おうと参考書も買ってきたのですが、集中ができないので全く手つかずの状態で放置してあります。

今こうして日記を書いているのもやっとの状態。
さっさと切り上げておやすみしてしまいたい気分ではありますが、今日も私は前回書いたようなカオスな日記が書きたくてですね。
今私の中で作風が変わろうとしているターニングポイントであるがためにあまりサボりたくはないのです。

だから私は世界へと挑んだ。

堂々と地を踏みしめるその2本の足に全ての信頼を寄せ、今また新たに3本目の足が生えようとしている刹那、この機を逃すまいと握り合った両の手を解き、天高く掲げたのです。

――瞬間、一閃が脳を突き刺しました。
光り輝くように見えたその世界はこれまでの私を否定するかのごとく私自身に悟りを開かせ、眩いままに雲仙岳の向こうへと沈んでいきました。

何か足臭いですね。
頭が痛い他に、今何か足が臭いように感じられました。
ごめんなさい。ちょっとあまりに臭くて集中できなかったので足を洗ってきました。
これでもう臭うことはないでしょう。

ゴロゴロと鳴り響く雷鳴は雲仙岳の噴煙の中に紛れて新たなキャラクターを考案してくれます。
「こんにちは!僕の名前はピーナたん!美味しいナッツを君にプレゼントするよ!」
唐突に現れたゆるきゃらとはかけ離れたビジュアルを持つピーナたんというゴミムシダマシは私の足元に歩み寄ってはそのまま通り過ぎていきました。

「あぁ、頭が痛い。とても頭が痛い。人を襲う病とはこんなにも辛いものなのか」
街道を征く老婆が頭と腹を抱えながらすり足でぶつくさと小言を放ちます。
「私は老婆ではない」老婆と比較をされた私が唐突に激昂する。こめかみの血管は今にもはち切れそうに脈動し、雲仙岳に紛れた雷鳴は新たなキャラクターを考案してくれます。
「こんにちは!僕の名前はピーナたん!美味しいナッツを君にプレゼントするよ!」
このナッツは頭痛に効く。それどころか百薬の長であるとピーナたんというゴミムシダマシは自信満々に答える。

老婆は地面に転がるナッツを拾うやいなや丁寧にロースト、カラメリゼをすると正規販売店で堂々と売り始めた。
これがドラッグストアである。そう、私は今頭を抱えているのだ。
  1. 2021/02/25(木) 01:47:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

頭がケミカルフレッシュな人には読めない日記

人間知識が重要。
頭が良ければ良いほど人生を有利にすることができると私は思っています。
ですがここ最近は刻一刻と知能が劣化しているように感じます。

これまでパッと頭に思い浮かんだであろう表現やフレーズが出てこない。
勿論それは日常で言葉として口に出すことも含まれます。

確かに以前と比べたら探究心は衰えたでしょう。
気になることがあればすぐに調べて自らのものとしましたし、他より劣っているとコンプレックスを感じれば負けじと燃え、そして成果が形となれば心から喜んだでしょう。
しかし今はそうではない。楽な方へ楽な方へと流れてしまい、見聞を広める気にもなっていない。
お陰様で脳みそコミュニティの中にある知識たちは怠惰を極める私自身に辟易し、見切りをつけて日々どこかへと旅立ってばかりなのです。

そんなコンプレックスから目を背けるために書き続けられたのがこの日記。
毎日それなりの文章量を書き続け、継続が自らの長所であると思い込ませ続けることによって何とか自我を保ってきました。
ですがそれでは読んでいる人への配慮が足りない。圧倒的エゴの塊となってしまったのです。

私は反省すべき。
今改めて思いました。
人に読ませるために日記を書くのであればもっと世間向けに開放された世界を書くべきであると思ったのです。

前置きが長くなりましたが、私は日記をどうすべきか考え今日心新たにコウイカを食べに100円寿司を食べに出掛けました。

いやね、安い寿司屋というのはやはり値段相応な部分もあってか当たり外れが非常に大きいんです。
で、持論としましては、その通い詰める――までとは言いませんが、定期的に立ち寄る100円寿司が近所にありましてね。
以前からそこではコウイカを食べれば間違いないという結論が出たんです。

確かに他の品物にも美味しいものはあります。
ですが冒険は少しだけでいいんです。私は食に関しての冒険は嫌いではないのですが、安牌は引いておきたいところもあります。
それ故に今回はコウイカをたくさん食べてきた。それだけの話です。

閲覧者さんの皆さんはコウイカってご存知ですか?
コウイカってイカなんですよ。
そもそもイカってご存知ですか?

イカというものはですね、美味しいものなんです。
海に住んでいてですね、美味しいものなんです。

私はこのイカというものがなかなかどうして好物でしてね。例えば無人島に漂流して5ヶ月飲まず食わずの状態が続いたとします。その状況で目の前にイカ刺しがどーんと置かれたら堪らず私は貪り食うでしょうね。
チョップスティックでしたかね。いつか食べられるかもしれない食材をつまんで食べてやろうと無人島に自生していた木を削って作り出した箸も、結局使うことを忘れて素手で貪り食うんです。
そして2,3口食べた辺りでこう言うんです。「醤油が欲しいなぁ」って。
そうしたら天の神様がですね、「もうここまで頑張ってきたんだからこいつにも褒美をあげよう」と魚の形をした醤油さしを2個ばかし実家の郵便ポストに入れてくれるんですよ。
そうか、これが優しさなんだなって。私はそう思うんです。
実家の郵便ポストに入れられた醤油さしを見て親はきっと首をひねるでしょう。どうしてここに醤油さしが入っているんだろうって。
それは私が無人島で漂流しているというサインであって、私は遠くからそれを汲み取ってくれることを切に願うわけです。

そしてそれから7ヶ月くらいの年月が経過し、無人島には6度目の冬が訪れようとします。
季節感がおかしい場所に存在しているというのが今回の無人島の設定ですからね。基本的に冬が多いところであると旅行代理店さんもおっしゃっていました。
ついに醤油さしをヒントに座標を割り出し、私の救出作戦が開かれました。
公民館を借りて皆で和気藹々と今度ある祭り稽古のスケジュールが立てられます。その一環で使用されるプロペラ機で遭難している私を救い出したらどうか――そんな意見を遠くから異次元窓を使用して見ていた私がボソリと口からこぼします。勿論魔術に心得のない地元の皆さんからしたら異次元窓で体半分を乗り出している私の姿というものは到底見えません。

嘗てフランスで英雄を気取っていた町の子供の一人はこう言います。
「神様は欲しい物を与えてくれるわけではなく、きっかけを与えてくれるもの」
それを傍で聞いていたその子の妹は、兄は実の兄ではなく孤児院から連れてこられたものであると本人に告げ、兄弟仲にヒビを入れようと試みますが、実はその兄は本当は存在しているわけではなく、妹自身が作り上げた虚像であると、私は遭難中にボソリと口からこぼしました。

「そうだったのか」

神様は慈愛の心から今一度私の実家へと向かい、醤油さしを3つばかしポストへと入れます。
それを目撃していた嘗ての私の友人だった同級生の親が神様の肩を掴み、私の座標を知らせたのです。

今私の上空には神様の乗っているプロペラ機が3機ほどきりもみ回転をしながらスモークでハートを描いています。
空から降る無数の醤油さし……頭にコツコツと当たるのが痛いので近くに生えていたソテツの下に潜り込んで私は去っていくプロペラ機に手を振りました。
醤油は手に入れた。これで私は――……。

新鮮なイカはもうここにはない。
空になった沢山の醤油さしと、その場に冷たくなって転がる私。
もう誰もここにはいない。今年も無人島に8度目の冬がやってきます。
  1. 2021/02/24(水) 02:02:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

目くそタケノコ世間を嗤う

喉元過ぎれば何とやらとはよく言ったものですが、前から私はそれが快感に思えるのではないかと考えていましてね。
これは恐らく私の考える案件の中では珍しく共感を得られる話なのではないかと思うのですが、皆さんにとってはいかがでしょうか。

いまいち状況が掴めないという理解の足りない方と、日記の尺のために懇切丁寧に説明をしていきたいと思いますが、まずは何と言いましょうか。よく噛まずに慌てて喉に食べ物を押し込む瞬間って時折あるかと思います。それです。

例えばそれが白飯であるとします。塊のまま喉に引っかかりながら精一杯の嚥下力で食道へと押し込んでいく。
決して呼吸が出来ないわけではないですが、喉奥の圧迫感と呼吸が止まりそうな瀬戸際の焦燥感。
呼吸が止まることで快感を覚えるわけではなく、狭いところに押し込まれた感覚に似た心地良さを私はそこに感じます。
熱いものが喉元を過ぎる瞬間も好きですが、この通っていくぞという感覚が生きていることを実感させてくれますね。

理解力の乏しい閲覧者さんの皆さんでも理解できましたでしょうか。
恐らく誰しもが経験ある出来事だと思いますので、快感云々ではなくとも、少なくとも共感を得ることは出来ると思います。

さて、こうも危ない趣向を紹介した今回ですが、首絞めによる快感を伝えるほど私は愚かではありません。そもそも私は絞首には抵抗しかありませんので、今回の日記は人道的なものであるとも言えましょう。
この日記を読んでいる年齢層も圧倒的に若い方が多いとは思いますが(PCスマホを操るジジババなんてそうそういないでしょう)、嚥下をする力は齢を重ねるごとに弱まっていきます。
例え嚥下力があったとしても詰まって呼吸困難にならないとも言い切れないのです。

そもそも食事というものは慌てることなくよく噛んで食べるのが鉄則です。
手元には飲み物を。一口一口は味わえる程度に細かく食べて食事を楽しみましょう。
この日記を読んで窒息されても困りますからね。責任問題になるのも嫌ですし、大事な閲覧者の方が減るのはもっと嫌です。

用法用量を守って正しく飲み込みましょう。定次さんとの約束です。
  1. 2021/02/23(火) 01:45:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

蒸したバスガイド、鼻の穴大爆発

キッチンのコンロに装備されているグリル、先日私は魚を焼くために初めてその機能を使用したのですが、何故これまで使用してこなかったのか不思議なくらい便利なものでした。

いやね、何故これまで使用してこなかったのか不思議とは言いましたけれども、実はこれまでこのグリルを使用してこなかったのには明確な理由がありましてね。
恐らく閲覧者さんの皆さんはこの一文を読んで「片付けが面倒臭かったから」といった猿でもわかりそうな理由を思い浮かべそうですが、実はそうではなく、もっと他に理由があったのです。

ほら、当ててみてください。
この文章が次の段落にいくまでにコメントに正解を残してみてください。

ブブー!!時間切れでーす!!

私の記憶へとダイレクトにアクセスすれば簡単にわかる問題であるというのに、閲覧者さんの皆さんは全く以て鈍いですね。
ですがきっと敢えて答えなかったと私は受け取ります。閲覧者さんの皆さんは私から直接解答を得たいがために、敢えて答えなかったと、私はそう信じています。

では、そんな期待に応えて何故これまでグリルを使用してこなかったのか、その真相を明かしたいと思います。
それは年月で言えばもう既に2年以上前ですかね。今の居住地に引っ越す前のところで暮らしていた時の話です。

今となっては新築のアパートに引っ越し、キッチンもビルトインコンロへと全体的にグレードアップ。据え置き型から変わったと実感した時は本当に感動したものです。
で、その当時に使用していた据え置きコンロですが、古くもないですし、見た目も綺麗で決して悪いものではなかったのですが、グリルだけ使い勝手が悪かったんですよね。
いざ使用してみるも火は全体に広がらず、物を焼こうと思えば黒い煙が上がる始末。

この一回で私自身グリルを使うセンスがないものであると思いこんで、今という今までグリルを使用するに躊躇っていたんです。
しかし、先日魚を焼く機会があり、思い切って使用してみたら上手に焼けたと。悪いのは私のセンスではなくて当時のコンロだったとわかったわけです。

そして現在は味をしめたのか、既製品のパンまで焼く始末。
ふにゃふにゃのパンよりかはサクサクの焼き立てパンの方が美味しいですからね。
焼き加減こそまだ理解できていないので焦がしてばかりですが、漸く私の人生の障壁となっている一つを越えられたと思いましたね。

片付けは相変わらず面倒ではありますが、グリルはいいですよ。グリルは。
明日は鯖の西京焼きでも焼きましょうかね。

ってほんわかした話を今回の日記でしたいわけではないんですよ。
今日は危うく大事故が起きるところでした――と、ちょっといいですか。
今私は"大事故"とタイプしようとして"だいじお"とタイプミスしかけてしまったんですが、その瞬間に変換候補に"大慈恩寺三蔵法師伝"というものが出てきたんですが、この入力システム大丈夫ですかね?
日常的に使用するようなフレーズは全然変換してくれないというのに、時折よくわからない候補を出してくれるんですよね。
これまで細々とした部分は我慢してきましたがこの意味のわからなさにいよいよ私の辟易の度合いは頂点に達しそうです。

走行中に外れたワイパーといい、本当にポンコツだらけです。
今回の大事故の話は走行中に外れたワイパーの話ですが、それ以上もそれ以下もないでしょう。
国道を走行中に外れましたが、幸い後続がおらず、ブレードの回収もできました。
しかしながら一歩間違えれば大事故になりかねない事象であって、本当に肝を冷やしたものでした。
近場のコンビニに入ってすぐに取り付け、湧き上がるこの憤怒を抑え込みながらカー用品店へ押しかけて直してもらい事なきを得ましたが、本当に危ないところでした。

日常にはどこに危険が潜んでいるかわかりませんからね。皆さんも気をつけて過ごしてくださいね。
  1. 2021/02/22(月) 01:20:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

デスメタルランチタイム(ゆっくりとあなたの腕毛を何本も引き抜く)

ずんだを初めて食べました。
ずんだ餡の入った大福です。

以前からどんなものかと興味はあったのですが、特産品のようなもの故にこれまで触れる機会がありませんでした。
しかし今回、セコマことセイコーマートで販売されているのを見かけてようやくありつけたというわけです。

さて、そもそもずんだとは何か。


(ここで私はWikipediaの項目を引用した説明をコピペしようとしたのですが、コンプライアンス的にあまりよろしくないと判断したためこの部分は空白となります)


詳しい説明をしようと思うと非常に面倒なので気になる方は調べてください。
使用している検索エンジンから「ずんだとは」という平仮名5文字を入力してエンターキーを叩くだけです。

調べるのも億劫で日記ですべての情報を得たいという面倒くさがり屋な方のために私から簡単に説明をするならば、見た目鮮やかだが食べる人を選ぶ食べ物であるとだけ言っておきます。
恐らく上記の説明がそれ以上でもそれ以下でもない全てであると思いますが。

小豆とは違って青臭さがありますからね。原料枝豆ですよ。うぐいす餡みたいなもんです。因みにうぐいす餡はグリーンピースを素にしているそうです。

で、実際私が食べてどういった感想を持ったかどうかですが、それが美味しいか美味しくないかというのが一番大事ですからね。私からすれば美味しいとも美味しくないとも何とも言えませんが、強いて言うのであれば美味しくないわけではないが好くわけにもいかない、こんなもんもあるという感じでした。

既に可能性はどこまででも広げられていると思いますが、汎用性は素晴らしい素材であるとは思いましたね。
何より見た目が綺麗ですからね。抹茶とクリームのコントラストって食欲そそるかと思いますが、あれと同じです。

もし目の前にバフンウニの折り箱が3つくらいとずんだがスプーン1杯置かれていて、どちらかを選べと選択を迫られたのであれば間違いなく私はバフンウニを食べるくらいのレベルでしたね。
ラジオの通販にありがちな、カニのポーション1.4kgのセットとずんだスプーン1杯を選べと言われてもカニを選びますかね。
柿1個とずんだスプーン1杯であればずんだですかね。
甘酒1杯とずんだスプーン1杯であればずんだですかね。
枝豆のさやが5つとずんだスプーン1杯であれば枝豆ですかね。

そういえば皆さんは私の嫌いな食べ物が何かご存知ですか?
確か以前の日記でもお伝えしたかと思いますが、柿と酒粕と栃餅が嫌いなんです。
だから何だって話ではありますが、もし将来私と食わず嫌い王決定戦で戦うことになったならば、覚えておくと良いと思いますよ。
  1. 2021/02/21(日) 02:24:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

お出汁と和解せよ

ホイップクリームというものはクリームに空気が混ぜ込んである分だけ質量が大きく見えるものです。
ですが、トイレットペーパーは空気が混ざるほど便器内でかさばります。

この違いは何でしょうか。
私も今回のテーマをいまいち理解していません。

以前から私は糞便をする際、跳ね返ってくる便器の水を対策すべく、予めトイレットペーパーを軽く便器内の水たまりに放り込むようにしています。
これにより強大過ぎる質量が跳ね返す力を73%(推定)までカットすることに成功し、跳ね返りによる不快感を防げるようになりました。

ですがこの跳ね返り防止策にも一つ穴がありまして、事例を挙げて説明するならば、先日に私が職場のトイレで放り出した際、従来通り水たまりに紙を軽く敷いて行ったわけですが、ウォシュレット後に拭き足りないと思って追加でウォシュレットをかけようとしたら、思っていた以上に便器内にトイレットペーパーが溜まっていたことがありましてね。
別にトイレットペーパーの使いすぎというわけでもなかったのですが、ほら、拭いた紙をわざわざ押し潰す人なんていないでしょう。
それ故に空気を多く含んだトイレットペーパーが山盛りホイップクリームよろしく便器内で膨らんでいたわけです。

だからどうしたというところですが、そうなると何が困るかというと、ウォシュレットの出口を塞いでしまっているんですね。
このまま起動させたら間違いなく山盛りの中に首を突っ込んでします。今更ながら衛生面を考えて、私はパンツを上げる間もなく、情けない格好のまま立ち上がって先にトイレを流すことにしたのです。

もしも先にトイレットペーパーを放り込んでいなければ、水たまりの上に足場を作っていなければこんな自体には至らなかったでしょう。
この件からデメリットというものを覚えたわけですが、デメリットよりもメリットの方が圧倒的に上回っているので今後も続けていきたいと思います。
跳ね返りが気になる方は是非試してみると良いですよ。


さて、前回の日記で書きそびれた話なんですが、雪上で見かけた足跡について一つ考察を進めていきたいと思います。

雪が積もり、その上を歩けば足跡がつくのは当たり前のことですが、その足跡を振り返ると自分自身の歩き方がどうであるかよく分かると思います。
歩き方の歪みは体の歪み。かかと部分が伸びている足跡を見ると歩く姿勢が悪いように見受けられます。
足を擦るように歩いているのか、かかとから接地までが嫌に伸びているのか……特に専門家というわけではないので詳しい部分は言及できませんが、とりあえず私は色々な足跡を見て色々と考えを深めています。

しかし先日、どういうわけかかかと部分だけはなく、つま先部分も大きく伸びる足跡を見かけました。
これは一体どういうことか。
その足跡を見ながらどうすればこんな足跡がつくものか色々と試してみましたが、かかと部分はともかくとして、つま先部分は足を持ち上げる際につま先を後に引き摺るようにして歩かなければこんな足跡にはなりませんでした。

つま先の重心が下がるとなるとそのまま前傾で撚るように転んでしまいそうです。想像するだけでも痛々しい。
次の足跡を見た限りではかかと部分が大きく伸びているので、少なくとも足を持ち上げた際にフリーの状態からスナップをきかせてつま先を前に持ってこなければならない……そうなるととてもではありませんが、まともに歩ける歩き方になるとは思えません。まるでふざけて歩いているかのような。
足跡のついていた場所も職場の敷地内でしたらかね。障害あっての歩き方というのも考えにくいものです。

皆さんも真似してみるとわかると思います。この歩き方の異常性が。
この足跡の持ち主は一体何があってこんな歩き方をしていたのでしょうか。気になって仕方がありませんが、正直どうでもいいと言えばどうでもいいので、もうどうでもいいです。

反面教師と考えて自分自身は綺麗に歩こうと意識しましょう。
因みに私の足跡はあまりかかと部分が伸びていない綺麗なものでした。褒めろ。
  1. 2021/02/20(土) 03:25:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

一発儲けたい株主さん必見!日常で使える素朴な雑学!

現在時刻は午前0時4分。


いや、今ちょっと席を外したので午前0時10分。
今日は何と余裕のある日記投稿でしょう。


――はい、現在時刻午前1時7分です。
リビングで映画を観ていたら気付いたらこんな時間になっていました。
リビングとこの日記を書いている寝室は隣室の関係にありますが、私は常にこうして誘惑と戦いながら日記を書いているのです。
まだ今も隣で映画をやっています。私は観たいばかりですが、やはりそろそろ日記を書かなくてはと思いああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

今回の日記はもう終わり!さいなら!
  1. 2021/02/19(金) 01:11:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

フィレオフィッシュセットノモノマネハゴメンコウムル

プリンの素を2つ分使った特大プリンを作ってみました。
今回の日記を動画として投稿するのであれば"巨大プリン作ってみた"で企画を通すことができそうです。

しかし残念ながらこれは動画ではなく日記。あくまで文面のみで表現しなければならない。
嘗ての私は多少なりとも写真を載せていた覚えがあるのですが、今の私は読みやすさよりも文章で一貫させるという間違った審美を追求していますからね。我ながら度し難いものがあります。

まぁ"巨大プリン作ってみた"と言ってもちゃちなスケールですからね。
たかが素2箱分ですよ。中型のボウル8分目です。
そしていざ大皿に盛り付けてみれば、相も変わらず重力に負けてボウルの形状を留めずに深皿をひっくり返したような形でまとまる始末。
もしこれが美しくボウルの形状のままそびえ立つことができたのであれば、それはもう日記のネタとして上々となるかとは思いますが、パッと見では食卓に並ぶ広東風かに玉と同レベルでしたからね。
大きさもクオリティも中途半端。世の人々が求めているものとはかけ離れた結果なので日記での扱いもこの程度です。

まぁ一つ褒められる点を挙げるとすれば、ちゃんと全て無駄にせずに食べきったことですかね。
量で言えば通常のプリン8個分くらいですか。浪漫溢れる量ですが、実際に口に運んでみるとお腹が苦しくなるレベルです。
食べ物を無駄にするよりかはずっと良いかとは思いますので、衝動をありのままに満喫したという話としては悪くないでしょう。

さて、話を少し戻しますが、相も変わらずと表現したのはこれを作るのが2度目であるということ。
定期的に私はプリンエルを大量に固めるか、もしくは大量のクレミーホイップをパンケーキにぶちまけてインスタ映えを狙うかしていますからね。
単に衝動的に作り、食べたくなるだけであって、より良いものという概念はありませんし、学習もしません。
それ故に、よりクオリティの高いものができあがるわけではないので誰かのためにネタとして挙げる話でもなく、単なる私事であると考えられるでしょう。

定期的に、且つ、一定のクオリティで。
まさに職人ですね。私は職人なのかもしれません。


さて、長い長い前置きはこのあたりとして本題に入っていきましょう。

人間パニックに陥ると自信が何をしているのか、何を言っているのかわからなくなるものです。
これは私自身がパニックになった話ではなく、今日の夕食に出掛けた100円寿司での出来事です。

特に何というわけでもなく会計の時まで話を端折りまして、今回の合計金額は2,156円だったのですが、私はおつりをなるべく減らそうと2,201円出したわけです。
流石の閲覧者さんの皆さんでもこの手の計算は出来るかと思いますが、最初この金額を出した際、私は大丈夫かなと少し思ったわけです。
そりゃあね、パッと見では関連性が薄いですからね。計算が苦手な人がいたら少し混乱するかと思うんです。
しかしながら私はそんな気の利いたことが出来ませんからね。疑問に思いつつも2,201円を差し出したと。

するとどういうわけか店員さんは案の定混乱してしまいましてね。
混乱と言っても私が出した金額を見誤って2,202円でレジを打ってしまったわけです。
そうなるとハイテクレジスターは瞬く間に46円のおつりを答えとしてはじき出すわけですが、
「わざわざこんな金額をおつりとして出させるために最初から2,202円を出す人がいるものなのか。何かの間違いではないのか」
と店員さんが目に見えて狼狽しだしてしまったわけです。

で、その結果最高の笑顔で「46円のおつりです!!」と元気よく会計をしてくださったわけなんですが、まぁ違いますと。1円多く数えていますよと。
で、そう指摘を貰うとなるとやはり人間慌ててしまうわけです。
レジを見直し、トレイに乗ったお金を数え直し、どこから取り出したのか電卓を光の速度で叩き始めたわけです。

で、その結果最高の笑顔で「46円のおつりです!!?」と今一度元気よく対応をしてくださったと。
まぁ違いますと。1円多く数えていますよと、私は冷静に落ち着かせるように諭し、結局3度目にして手計算で45円のおつりをはじき出してくださったと。
「ありがとうございました!!?」と元気よく響くのは良いですが、おつりの後にレシートも貰えるのかなとカウンター前で待つも俯いたまま何もなく。
「あ、これはレシートが貰えないやつか」と悟って何も言うわけでもなくお店を後にしたわけでしたが、人間パニックになると周りも自分もわからなくなるものだなと思いました。

次回の日記の話題は「雪に残る足跡を見ての考察」です。アクション要素が多めです。お楽しみに。
  1. 2021/02/18(木) 02:23:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

トムヤムクンを60倍に希釈したスパークリングウォーターが今春新発売

走り回った学生時代――あの頃は若かったと振り返りながら現在(いま)を眺めるともう時間は午前2時前。
明日も仕事だというのに、時計は無情にも丑三つ時真っ盛りの時間帯を刻一刻と刻みます。

夕食を食べた後にこたつでうとうとするのが悪い。全ては血糖値の上昇とこたつの相乗効果が悪いのです。
食っては寝るを繰り返せばそれは身体にも負担がかかるでしょう。
しかし気持ちが良いものには抗えません。先の日記でも述べたように人間は目先の欲に目が眩んだらもう逃げられないのです。

こんな時間から日記を書きたくないよぉ……私の中で私が弱音を吐き続けています。
24時を回ったあたりからとっかかることができれば余裕ができるんでしょうけどね。きっと日記の内容もこんなぶつぶつ文句を垂れるような冒頭のものとは全く違った充実した内容になるんでしょうね。

「でもそんな余裕のない状態から書く日記でぶつくさ文句を垂れるのが気持ち良いんでしょう?」
私の中で実際には聞こえない言葉の棘が突き刺さります。そうです。アドリブでどうだっていいことをひたすら書き殴るのが一番書きやすいというのが本音だったりします。
実は午前2時を既に回っているというのは建前であって、本当は23時あたりに書きながら予約投稿を設定しているんじゃないかと怪しまれても否定はできません。
ですが私がそんなに要領良く日記を優先して書くと思いますか?
書いたとしても数日間外出で不在する時に書き溜めをする程度です。そんな小賢しい真似は考えたこともありませんでした。
私に対してそんな疑いの目を持つ輩はどこのどいつですか。名乗り出てください。特に何もしませんが。

確かにですね、勢いで日記を書くのは簡単で楽で感情を素直にぶつけることが出来るのでありがたい限りです。
しかしながらそれこそ日記の本質に中身がなくなってしまう。ただでさえ中身のない内容を書いているのに日記を書くために日記を語るなんてあれですよ。見合った諺だか四字熟語がパッと出てきません。とりあえずあれです。

わかりやすい例え話をしましょう。
仮に日記をブドウとします。
ブドウには房が通っていて、その周りには実がいくつも付いています。
日記を書く上で私が指すネタというもの、つまり日常で起きた出来事を房とするならば、日記を書いていくにはその房に一つ一つ実を付けていかなければなりませんが、房がないのであれば只々実を固めるだけで良いのです。
そういうことです。

房から実をもぎ取ることはあっても付けるなんてことはないでしょうが!
せいぜいイラストのあるパズルピースだのなんだのでもっと良い例えがあるでしょうが!
皆さんはもいだブドウをまた容器に戻して返品するなんてことはしますか?私は果物を食べないのでそもそもブドウを食べません!

ひとまず、テーマに沿って肉付けをしていくというのは日記といえど結構な労力が必要なのです。
そのテーマがなければ只々散文を思うままに書けばいいだけのこと。下衆と皮肉のようなテーマのないブログなら尚更です。


とりあえずは今回何も書かずに終えるのも如何ともし難いので、今日の話題を一つだけ。特別ですよ。

今日私は昼食に豚骨味のカップラーメンを食べました。
ですがこのコロナ禍でマスクを常時着用しているが故に、吐息が凄く豚骨臭かったです。
周りに臭いと思われなかったのか心配なくらいに豚骨臭かったです。

嘗て、私は学校の先生に面と向かって「お昼にとんこつラーメン食べましたか?」とデリカシーの無い発言をしてしまった経験があります。
それを聞いて先生は「食べていない」と否定しましたが、口臭を指摘されたことで内心穏やかではなかったでしょう。

今回の話と別段関係性があるわけではないですが、周りに口が臭いと思われるのは嫌ですよね。
私は当面の間とんこつラーメンを食べるのを避けたいと思います。

よし、これで今日のブドウは完成です。
昔スーパーでよく見かけた激安のスッカスカブドウの出来上がりです。返品どうぞー!!
  1. 2021/02/17(水) 02:21:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

ええい!嗚呼!黄身!殻!もら!もらもらもらもらもら!

結論から述べます。
スパゲッティがありませんでした。よって困りました。

さて、結論から述べたところで一体何があったのかと言いますと、今日、私は夕食に何かしらパスタを作る予定でした。
ここ最近は仕事が少ないということから帰りも早いことですし、今日に限っては珍しく嫁よりも早くに帰宅をしたということから夕食作りに意気込んでいたわけです。

男の料理といえばパスタ。
近年声が大きくなりつつあるフェミニストさんが喚き散らしそうな表現ではありますが、一人暮らしであってもそうでなくても男にとってはパスタ料理は手軽でオシャレ、且つ、美味しく出来上がるものです。

嘗て私はパスタ含め麺料理は茹で上げる技量が圧倒的に足らずに失敗を重ねてばかりで、一時は麺料理禁止とまで言われる始末でしたが、手順通り作れば問題がないことを前回料理した際に立証出来ました。
それもあって今回自信を持ってパスタ料理に挑んだわけでして、張り切っている私は寸胴いっぱいのお湯を沸かすまで別の料理も作ることとしました。

我が家のコンロは3口あるのですが、久々に全て使用した気がします。
1口はパスタ用のお湯、もう1口はスープ、もう1口ではメインのおかず、メインのおかずが出来上がったら更にもう1品作る予定で料理を進行します。コンロいっぱいに所狭しと並んだ器具は眺めるだけでも壮観であり、食器洗いの面倒臭さを醸し出していました。

寸胴鍋に入れる水量というものは実際結構な量。水がいっぱいに入った鍋は生まれたての赤ん坊が何人いても抱えることが出来ないほど重たいものです。
そんな寸胴いっぱいのお湯が沸いていよいよスパゲッティをぶち込むぞというところで事件が起きたわけです。

冒頭で説明した通り、ここでスパゲッティがないことが発覚。
私は備蓄しているものであると思い込んだ上でずっと料理をしていたのです。
こうなるともうプランは崩壊。お湯は全て破棄。シンクを急激に温めないように泣く泣く捨てる様はさも滑稽だったでしょう。

家の前にあるドラッグストアでスパゲッティを買ってくるのも手でしたが、ここまできたら面倒に思うのも察せられるでしょう。
結局白飯を炊いて今日の夕食としました。
皆さんもこんなことがないようにしっかりとパスタは備蓄しておきましょうね。定次さんとの約束です。
  1. 2021/02/16(火) 02:13:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

エロくないグラビティうどん屋

私の中で私に向けて閲覧者さんに公開するためとした一件の質問が寄せられています。

Q.定次さんの足の親指の爪の長さはどれくらいですか?
A.今は大体2~3mmくらいです

今回もやれやれと始まりました私の日記。
正直頭が痛いので早いところ切り上げて布団の中に転がり込んでしまいたいところです。
休日はどうしても長いこと寝てしまいますからね。長時間の睡眠は逆に頭痛を引き起こす原因となるので私には大敵です。
程々の睡眠がベスト。大体5~6時間くらいがベストでしょうか。

それでも人間というものは目先の欲にに抗うことは出来ませんからね。それが三大欲求とあらば尚更です。
ネズミ捕りの中に置かれたチーズを我慢できる人間なんてそうそういるものではありませんからね。

さて、今回は下衆と皮肉開設何年と何ヶ月と何日かよくわからない記念日として、今更になって発覚したとある秘密を暴露したいと思います。
私が毎日更新しているこの日記"下衆と皮肉"は私が中学生の頃に書いた小説もどきのタイトル"馬鹿と皮肉"が元となっているのは私の中で周知のものですが、この"下衆と皮肉"をもじって"Gests to irony"という英名をトップ画像に載せていたりするんですね。
画像編集も覚束ない私が苦労して作ったトップ画像。スーパーの食品売り場の壁際上部に貼り付けてある色褪せた案内よろしく、まじまじと見ている人は数少ないかと思いますが、今更になってこのもじった内容の綴りが違うことに気付いたのです。

本来私はこの日記を読みに来た閲覧者を皮肉ってやろうという気持ちで"ゲストと皮肉"というダジャレを込めていたのですが、ゲストって"Gest"ではなく"Guest"が正しいことに今更になって気付きました。
恐らく最初は"Guest"で進めていたつもりだったんでしょうが、いざ画像を作る際に間違ってしまい、そのまま誤りを見落としたまま今に至ってしまったというのが事の顛末だったのでしょう。

さて、では今となって発覚してしまったミスタイプですが、実際"Gest"であればどういった意味合いになるものなのかを調べてみました。
この日記で結果を伝えるのは容易いことですが、面倒なので意味は皆さんで調べてください。

このタイトルを誤っていたというどうでもいい話の他、今日はお昼に豚肉をたくさん食べたという話もありますが、この話も別に今日はいいでしょう。
要約すれば先日に豚汁を作って豚肉の美味しさを今一度実感し、これをたらふく食べることが出来たならばそれは幸せなことでしょうと思い、近所のドラッグストアで2パック分購入してはコンロで炒めて食べたという話ですが、たくさん食べたからと言って然程満足しなかったというのが全てです。

そう言えば忘れていましたが、今日はバレンタインデーでしたね。
閲覧者の皆さんはチョコレートを貰えましたでしょうか。無事に渡せましたでしょうか。
バレンタインデーとは何の縁もなく過ごした方も多々いるかとは思いますが、そんな方は気を落とさず私の日記でも読んでください。
何の解決にもならないかとは思いますが、まぁ私の日記もチョコレートみたいなもんです。
日記を読んで自身のステータスとしてください。
  1. 2021/02/15(月) 01:41:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

抱負のお知らせ

抱負だの意気込みだのがお知らせに入るのかどうかは定かではありませんが、今年中に実施予定の企画として独自ドメインでの新規ブログの開設、よりスッキリと洗練されたインターフェイスを目指します。
新規ブログを開設することにより、PV数の増加、話題性の汎用性を幅広く持たせ、結果として収益化を目標とした運営を目指します。
日記内容もこれまでは一方的な妄言をメインとしておりましたが、質問箱を設置し、閲覧者からの質疑応答のコーナーを持ち、最終的には動画サイトにおいてチャンネルを立ち上げ、定期的なラジオ配信を行います。

以上、今後もより一層下衆と皮肉をよろしくお願い申し上げます。
  1. 2021/02/14(日) 02:13:51|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

仮ニダード・トバゴ

呪いのパンを食べました。
この呪いのパンというものはあくまで私が私の中で呪物であると認識しているだけであり、本当に呪いがかかっているパンではありませんのであしからず。

では何故このパンが呪いのパンと私の中で呼ばれるようになったのか。
それは遡ること多分4日か3日くらい前になります。

私は朝食として毎日菓子パン、惣菜パンの類を用意しているのですが、ここ最近はその出費が財布を圧迫しているのではないかと疑問を持ち始めたんです。
勿論これは今回が初めての考えというわけではなく、過去にもこの出費を抑えるためにパンを何度かシリアルに代えてみたり、複数個が一袋に梱包されたパンを日を跨いで消費するなどと節約を試みたことがありましたが、シリアルは飽きに負け、大袋入りのパンについては翌日に持ち越すといった小手先の考えが食欲に勝てるはずもなく、いずれも失敗に終わりました。

しかしながら今回もまたその大袋入りのパン……厳密に言えばバターロールが複数個入ったものを用意して何日かに分けて食べようと今一度実践してみたんです。
ここ最近は大体の菓子パン、惣菜パンを網羅してしまいましたからね。
コンビニは日々新しいパンを開発してはリリースしていますが、好み問題もありますし、遂には私の消費に追いつかなくなり、今回の試みに至った次第です。

そしてそのパンが呪いのパン……現代風に言えば呪力を帯びたパンに変貌したというわけでして……。

呪いのパン、仮にバターロールとでも呼びましょうか。
私はバターロールを後日朝食として食するためにドラッグストアで購入し、日の当たらない涼しい場所に、つまるところ負のエネルギーが溜まりやすい場所に保管して来る日を待ち望んでいたわけです。

しかしながらどういうわけかその来る日が来たにも関わらず、別のパンを用意してしまい、挙げ句バターロールを食べることすら忘れたまま翌日へと持ち越してしまったわけです。
更にはその翌日、今度こそ食べようかと思って構えていたわけですが、その日は出勤に急ぐ羽目になってしまいまして、最悪そのまま職場まで持っていってデスクで食べれば良いと思いつつも、すっかりと忘れたまま出掛けてしまったわけです。

結果バターロールは本来の目的である朝食に使用されることなく、週末の間食として私の口に入ることになったと。

何度も私の口に運ばれる運命から逃れた、最終的には食べられることとなり、ファイナル・ディスティネーションよろしく因果律は結ばれる結果となりましたが、このパンの悪運の強さときたらもうそれは呪い以外の何物でもないという話でした。


さて、今回の話はここで終わりですが、最近ネットサーフィンをしていて一つ気付いたといいますか、思い知らされたことがあります。
それはADHDの話し方と私の日記のスタイルが酷く一致しているということ。

私が見かけたその情報というものは相関図のような一つの分析画像だったわけですが、正常な人の話し方については起から結までが一貫していることに対し、ADHDの話し方というものは寄り道も寄り道、まるで私が長文日記を書いている時の構成と驚くほど当てはまるものでした。

このADHDというものはここ近年で一気に世間へと広まった言葉であり、それまでは一種の個性であるものだと私は認識していましたが、こうまでも綺麗に当てはまるとなると、私自身が一体何者であるのかというのが今一度考えさせられるようになってしまいました。
確かに実際問題私は人と話す際、物事を上手いこと説明するのが下手くそではあります。それ故にディベートはあまり得意ではありません。
しかしながら今しがた私が就いている職というものについては、あまり具体的なことは公にできませんが、要領と知識が物を言う
難しいお仕事であったりします。

単にそういった持ち味の文章を書いているだけなんですかね。
気にしすぎなような気もしますが、ちょっとばかし調べてきたいと思います。


英文字4文字で構成されたようなニッチな病名が公になってきたここ最近故に、少しでも心当たりがあればチェックシートだの診断だのお手軽に調べられるようになりました。
こういった日記を書いている最中でも片手間で調べられてありがたいものです。

結果は可能性が低いというものでした。

まぁそうでしょうね。当てはまると言ってもごく僅かな部分が大きく掠っているだけですから。
ひとまずは安心といったところです。

しかしは自分が違うからと安堵したところで他人を貶めるような考えは持ってはいけないでしょうね。
こういった病名が世間で見かける時代になったと言えども、あくまでそれはマイノリティ側の話です。
健常な視点からしてもこういった世界があるというものを学んでおくべきでしょう。それはきっと大事なことです。

しかしながら、この話を調べていて一つ腑に落ちない部分がありまして……。
ブログタイトルに"皮肉"というフレーズを織り交ぜておきながら、風刺のようなことはあまりしたくないのですが、ADHDに限らず私はこの手の病気について人間として劣等な部分であると考えます。
ですが、診断の結果自身がそうであるということをあたかも勲章のように誇る人間はどうなのかと。

人間色々な人がいるものですから、自身の尺度で物事を測るのはあまりよろしくはないのですが、正直自分を下げるという行為は正しい判断ではないように考えられます。
恐らく今回の日記、色々な人が色々な視点で読む分、それだけ肯定も否定も色々な考えが巡るかと思います。
叩かれる要素も沢山あるかとは思いますが、何故人は自身を誇ることが出来ないのかという点について私は疑問を抱くばかりであって、今回この日記の締めとしたいと思います。

下衆と皮肉としては異例ではありますが、コメント欄も解放してみましょう。
もしかしたら何かしら意見があるかもしれません。私はそれを真摯に受け止めることなく、何事もなかったかのように次回の日記に繋げます。
  1. 2021/02/14(日) 01:56:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Curried(カレーだったもの)

今日の夕食は外食でした。

自炊は安上がりで済みますが、外食は手間がかかりませんし、何より気分転換にもなりますから良いですよね。
デメリットとしてはコストがかかるという部分が挙げられますが、今回はなるべく安く済ませようとうどんを選びました。
うどんと言ってもそば屋さんのうどん。安上がりとは言え、多少ばかりは値が張ります。

それで今回そのそば屋さんのうどんを食べて思ったことが一つあるのですが、そば屋さんのような日本食料理店で食事をするとなると何かしら細々とした作法を気にする人が出てくるじゃないですか。
今の時代そんな古臭い習慣なんて大半が淘汰されてしまったかとは思いますが、やはり食事の時となると周りに侮られないように多少なりとも最低限の身なりを気にして食べようと意識してしまうわけです。

今回注文したものはざるそば天丼セットだったわけですが、この内のざるそばをざるうどんに代えてもらったんです。
ですが、これまでこの店でざるうどんを食べたことはあまりなく、まぁ食べ方としてはざるそばと変わりないかとは思うんですが、いざ注文した品が運ばれてくるやいなや、その盆の上に置かれた薬味をどう使用すべきか混乱してしまったわけです。

何しろ私の頭の中はざるそばではなくてざるうどんだったわけですから。
しかも天ぷら丼とセットの品ですからね。
いくらかの薬味はざるうどんのために使うんだなとパッと見で判断ができるものですが、見たことのない醪みたいな、注文してもいないとろろみたいなものが小皿に乗せられてざる容器と天丼の間に置かれていたとなると、これは一体どう扱えばいいものなのかわからなくなってしまいました。

天丼にかけるもの?それにしてはあまりにミスマッチでは?
うどんにかけるもの?盛り付けされたざるうどんに最初からかけるものなの?
実はネギやわさびと一緒につゆに入れるもの?でも実際少し混ぜてみたら容器から溢れそうになってしまったが?

単に私の知識不足なだけではありますが、この数通りしか無い組み合わせを私はその場で解くことができず。
更には変にプライドが邪魔をしてしまって店員さんに聞くこともできず。
結果として素知らぬ顔で周りの目を盗みながら自分なりの方法で処理をする羽目になりました。
勿論その結果として100%持ち味を活かすことが出来ず、何だか味気ないものとなってしまいました。

味気なく素っ気なく空腹だけ満たすように食事を進めていた私でしたが、さて、そば屋さんというものはある程度食べ終わった頃合いで蕎麦湯を出してくれます。
この蕎麦湯というものは文字通りそばを茹でた湯のことですが、そばの風味が味わえる柔らかな口当たりのお湯で、そのまま飲んだり、そばつゆを割って飲んだりすることができ、世の中にはこれが目的でそば屋さんに通っている人も多々いるものです。

それで今回私にも途中蕎麦湯が運ばれてきたわけですが、食事の際の作法についてみてくれだけでも気にする私のことです。蕎麦湯についても毎度嗜む程度にそばつゆを割って味わってはいるのですが、まさか今回蕎麦湯が出されるとは思ってもいませんでした。

だってうどんだよ?
今回私が注文して食べたものはうどんだよ?

そりゃあね、そばつゆが添えてあるメニューであれば出すのは必然的なことであって、それを予期していなかった私が不足だったわけですが、まさかうどんで蕎麦湯が出るとは思ってもいませんでしたので、割って飲む分のそばつゆも全て使ってしまったんですよね。
折角出されたものですし、手を付けないのも何だか世間知らずっぽく見られそうで嫌なのでとりあえずひたひたに入れられたそばつゆに混ぜて少しばかり口をつけたんですが、これのまたしょっぱいこと、ぬるいこと。

何というか全体的に下手くそな食事でした。
食事に上手い下手があるかどうかというところですが、実際上手に食べたら美味しいですからね。
無知は罪ですが、下手にプライドを持つのも駄目だと思い知らされましたね。

さて、気がつけばもう時間は6時19分。
下衆と皮肉の時間でいっても日付変更線を跨いでいる時間帯です。
そば屋さんで食事をした後、買い物をして家でゴロゴロしながらYouTubeを観て、そのまま寝落ちをしたら気がつけば夜更けでしたからね。
久しぶりにこんな遅い時間帯から日記を書く気がします。
一度キーボードを叩き始めたら湧いてもいなかった気力も振り絞れるのですが、よくもまぁ今回無事完走できたものです。
褒めていただきたいですね。
  1. 2021/02/13(土) 06:22:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

耳から入れた灯油を還元率100%でキャッシュバックキャンペーン

新しくブログを開設する算段として、まず今所持しているPCとは別に新たにChromebookの購入を検討していたのですが、如何せん私の中の大蔵省が首を縦に振らないので頓挫せざるを得なくなってしまいました。

安物の機器であれば購入は容易いのですが、折角なので妥協したくはないんですよね。
買うのであればより良いものを。コストよりもパフォーマンスを意識しているので、当面の間新規購入は無理かなと。

と、なると新たなブログ開設も厳しい話になってくるわけです。
いよいよこれは苦しいなと。
人生設計的に早いところ手をかけなければタイミングを逃してしまいます。

そうなればいよいよ絶望的ではないかと。
そう思って今使用しているPCの性能を確かめてみたわけですが、

んー、何だかあれですね。
今回の日記は筆の走りが悪いですね。乗りが悪いと言いますか。

とりあえず今回のこと要約をしていきますと、新規でPCを買おうとしていたがお金が足りなかったので一旦諦めたが、改めて今使用しているPCの性能が思っていたよりも良かったので今日一日クリーンアップしてみたら何かスッキリした。

と、まぁこんなところです。
ここ最近のPCああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

今日はもう時間がありません。
折角PCの中身が真新しいものになって心機一転始められると思いましたが、今日はもう日記を書く時間がありません。
気力も考えもありません。また次回。もう寝る。また次回。
  1. 2021/02/12(金) 02:09:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

キンピラサージカルマスク

皆さんこんばんは!ケミカル蒼井です!

今回は定次さんが不在のため、代理として即興で考えたキャラクターであるケミカル蒼井が日記を書いていくという設定を考えていましたが、本当は不在なんてことはありません。いつも通り日記を書いていきます。

下手なキャラクターを作ることは良いですが、仮にWikipediaに私の項目が作られたとして、定次さん(ケミカル蒼井)という補足がついてしまったら何だか嫌なのでやっぱりいつも通り日記を書いていきます。

"ケミカル蒼井"という名前が実在したならばその人にはごめんなさい。
予め断りを入れておけばきっと許してくださるでしょう。

しかしながら一つ私は思いました。
仮にマイナーであろう名前を毀損したとして、その人から反感を買ったとします。
ですがそれを見てその他の人が皆全て肯定的な意見を持ったとするならば、マイノリティの意見が響くことはなく、1つを失って100を得る結果となるわけです。
それを損益で考えたら99の利益となるわけで、何と言いますか、必要な犠牲ということでそこまでの配慮も必要ないんじゃないかなと思いました。
いくら声が大きく聞こえるからと言って、少数派の意見ばかりを気にしていたら何も得られませんからね。焚き付けるだけ焚き付けて両派で争ってもらいましょう。自分は知らんぷりを決め込むのが一番です。


さて、今日の本題です。

毎週水曜日は職場にパン屋さんが出張販売にやってくる日。
ここ最近の私はダイエットを決め込んでいたのでパンの購入を迷っていたのですが、遂に痺れを切らしてしまい、ついつい購入してしまいました。

私の働く場所はいくつもの企業の事務所がひしめき合う複合施設。
とは言え一つ一つの事務所は別段大きいわけでもなく、施設内で言えばさほど人数は多くありません。
それ故に何度も購入をしていれば顔も覚えられるわけでして……まぁ言わば通い詰めれば常連感も出すことが出来るわけです。

そこで今回会計をした際の話なんですが、私が買いに来たタイミングは丁度片付けをする頃合いだったらしく、雰囲気的に私が最後のお客という感じだったんですね。
で、いざ会計をする際にパン屋のおばさんは自身の口に手を当てて、こそこそ話すように私に金額を伝えてきたんです。

なるほど。これは私が常連であって、尚且つ店じまいの間際だったからということから多少ばかりサービスをしてくれたんだなと私は思いました。

世の中店に顔を覚えられるのが苦手という人が多々いるかとは思いますが、私はその逆でしてね。顔を覚えられたいくらいの人間なんです。常連になればそれなりのサービスというものがありますからね。飲食店なんかであれば居心地も良くなりますし、デメリットは少ないかなと。

パン屋もこれに然りと言ったところでしょう。
サービスをしてもらったことで私はご満悦となり、ルンルンとした気持ちで事務所まで戻りました。
そして席に着くやいなや金額を確認したわけですが、別に安くなっているわけでもなく、特段サービスを受けていたわけでもないことに気付きました。

まぁ所詮はそんなもんでしょう。
少人数のコミュニティ内で私だけ特別扱いなんてそうそうある話ではありませんからね。
  1. 2021/02/11(木) 03:14:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

うわわお、お茶[Track:1]

AIアシスタントが本当に便利なのか実証すべく、何気なく「オッケーグーグル」って言ってみたんです。
実際明日の天候が気になるところでしたからね。ついでに明日の天気を確認してワイパーを立てるかどうか決めるのも良いかなと、そう思っていたんです。

ですが問いかけるも問いかけるも一向に応えない。
どうやら私のスマホは反抗期な様子。何度も何度も呼びかけた挙げ句、ポケットに入れていた片手を引っ張り出していつも通りスマホを起動しました。
人通りの少ない場所であったとは言え、聞き分けのない子供に顔を近づけて何度も強く言いつける親のようにスマホに声をかけていた私は傍から見れば滑稽だったでしょう。

実際問題日本人の性分からして、公の場で音声起動なんて使用できませんからね。
スマホを開いてからグーグルアシスタントが起動したのを見て、人の性分だけでなく、機械にもシャイが露呈するんだなと思いました。

???「シャイ!シャイ!シャイ!シャイ!」

閲覧者さんの皆さんは昨日の日記で書いた"うがいの禁忌"を読んでくれたでしょうか。
うがいの話で一つあるんですが、最近私は鼻くそがつまりやすいんですよね。
つまりやすいというよりかは、気付いたら膜のような鼻くそが呼吸の度にペコペコするんですが。
わかりやすい例えをするならば、一日の終わり頃、鼻の中では鼻くそが弁みたいな形状で形成されるんです。

この薄い形状の鼻くそについては何かしら原因があるんでしょうが、これがなかなか厄介者でしてね。
取り除こうと思えばあっという間に取り除けるんです。ティッシュでチーンをするもよし、ティッシュとともに指を突っ込んでこそぎ出すのもよし。
ただ、私自身としては爽快感を求めているので、まとめてズバンと出してしまいたいんですよね。
なので先に書いたようにペコペコした状態のままストレスを抱えて過ごすんです。

――で、このペコペコ鼻くそが、うがいの話のどこに関わってくるかと言いますと、人間って大体の人って鼻呼吸を主としているじゃないですか。
中には口呼吸がメインの人もいるかとは思いますが、うがいをするとなると頼れる吸気口が鼻だけとなるわけでして、この時にペコペコ鼻くそが形成されていたらうがいをする際に呼吸が阻害されてしまうんですね。

鼻くそがペコペコするせいでうがいが苦しい。
そんな話を是非とも閲覧者さんの皆さんと分かち合いたかった……それだけの話です。
  1. 2021/02/10(水) 01:21:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

よわっちぃひじき

スリッパが臭い――そう気付いたのは昨日のことでした。

私というものは比較的代謝が良い方であって、それは足の裏の発汗にも言えることであり、今こうして日記を書いている最中も新しく購入したスリッパの中に緊張を感じつつ、湿り気を覚えているような気がします。

きっかけは昨日のこと。
普段通り日記を書き上げてから一休みとリビングに戻ったのは良いものの、どこか臭い。何かが臭い。
何かがと言うよりかはどこか覚えのあるツンとした臭いが鼻を突き刺してきました。
最初は気にしていませんでした。気にすると言うよりかは目を背ける、今回の場合は鼻を背けたと表現した方が正しいでしょうか。
傍らに置いてある加湿器に汚れが溜まり始めてそれが臭ったのかとも思いました。しかしながら加湿器は綺麗に使用していますし、何よりこんな刺激臭を発することはない。
現実に鼻を向けるのは時間の問題でした。同じこたつに入り一休みしている嫁に気付かれる前に先にバラし、あわよくば道化を演じてやろうと。

手にとったスリッパを鼻に近づけて臭いを嗅ぎます。
やはりこれ。間違いない。
最初は少しばかり臭う程度で首を傾げたのですが、刺激臭というものは後からやってくるものです。
中学生時代、直接嗅いではいけないとあれほどまでに忠告を食らったアンモニアを直接嗅ぎ、ワンテンポ遅れてから一歩たじろいだ経験を思い出します。
アンモニアと同意義までとは言えませんが、流石に1年間も洗わずして使用し続けたスリッパには貫禄があります。もしかしたら九十九神というものはこういった部分から妖怪になっていくのではないかと感心しました。

しかし九十九神は妖怪化する前に捨ててしまうのが道理です。
愛着が湧くほど履き潰したスリッパは洗うことなく燃えるゴミ用のゴミ箱へと諸手で突っ込み、更にもうひと押し奥まで押し込んで封印としました。

そして今日新たにスリッパを購入し、平然と使用しています。
今回のスリッパは履き心地が非常に柔らかく、材質こそ確認していませんが冬場にもってこいの暖かさを備えています。
先に廃棄したスリッパは足元がメッシュで仕上げてあり、空気の通りが良かっただけに長持ちしたのでしょう。
今度の相棒はより一層汗を吸い取ってくれそうです。近い内、いずれは九十九神へと変わっていくこと間違いないでしょう。


スリッパ同様、足元だけならず季節に見合った物を取り揃えたりと冬場は冬場なりの立ち回りというものが必要となってきます。
況してやここ近年のコロナ禍となったら必要となってくるのはうがいや手洗い。健康管理には欠かせないものです。

最近、我が家ではうがいを行う際の禁忌というものを見つけたのですが、それがどういったものなのか――正直この場で書くものであるか躊躇しています。
何しろ実行に移すだけその先は後悔しかありません。
それでもという方は是非この内容を読んで実行に移してみてください。


人は誰かに見られているという時、後ろを気にします。
しかしよくある話、本当は後ろではなく上から見られていると……。

今回の行為とその話は似ているようで全く異なるのですが、人間一度視線を感じたら気になって仕方がない。その意識を払拭するには寝付けない夜に眠るくらい困難な話です。
そうであれば、実際にうがいをしている無防備な状況で口の中を覗かれてみるとどうなるか。
これ以上に特に説明はありません。二人以上いる状態で是非うがいをしている口の中を覗き込んでみてください。

決して目を開けては駄目です。
目を開けてしまっては……もう二度と他に人がいる場でうがいをすることが出来なくなるでしょう。
  1. 2021/02/09(火) 02:33:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

ガーリヘッドで駆け抜けたあの千秋楽

我が子のように愛してやまないPCの調子がすこぶるよろしくありません。

中学生の頃からFLASH作品を見ては面白がったり、2ちゃんねるをかじろうと思ってAAを面白がったりした影響で、私自身周囲からPCに精通していると思われがちな人生を歩んできていましたが、実を言えばそれ以上のことはなく、今も尚咄嗟の時に対応することが出来ません。それどころか、例え猶予をもらってまでしても専門知識に向き合う気力が湧かず、理解を深めることが出来ないでしょう。

現状がまずそれです。
私の日記は今大きな転換期を迎えています。
レンタルブログという鳥かごから脱し、独立したサイトを作ることで本格的なブログ運営を考えています。
しかし今使用しているPCでは将来的に支障が出てくるのが目に見えます。決して古すぎるわけではありませんが、新しいPCというわけでもないですし、恐らく内情は様々なものに侵されていて本格的な趣向には向いていないでしょう。
画面にはチリつきが見え、ハードディスクにはげっ歯類が住み着き、起動すればエラーのオンパレードです。

多少は大袈裟には書いていますが、現状進めるには問題が多々あるのは否めません。
もういっその事クリーンアップしてしまってまっさらな状態でPCをそれ用にしてしまうという手も考えているのですが、データの移行で頓挫しておりましてね。
PCが出来ないというのにデスクトップをそれっぽく見せようとしてしまっただけに、全てが中途半端になってしまい、見てくれも傍から見れば使い勝手の悪い、頭の悪そうなカスタマイズになっています。

時間はかかりますが、一からカスタマイズをするのも手です。
しかし一つ思いつきました。PCをもう一台購入するのも手じゃないかと。
あいにく今は金銭面で辛い部分があるので、現段階では検討する程度にしか考えていませんが、ブログ管理専用のPCとして一台用意するのもありなのかもしれません。

時代はノートパソコンですからね。
今はデスクトップを使用していますが、恐らくノートを活用した方が今後凄く楽になるんじゃないかと思っています。
素人目の意見ではありますけどね。少しお金に余裕が出来たら外付けハードディスクとともに購入して、今使用しているPCはそれとしてクリーンアップし、新たにノートを買って形から入ろうと思います。
多少なりとも高い買い物をすれば後に引けなくなりますからね。
良い方向に転べばいいなというポジティブシンキングで頑張れそうです。

以上が本日の前置き。
最近は感情に物を言わせるパターンが増えてきましたが、思いの丈を文章にぶつけるというのも悪くはないものです。
閲覧者からしてみれば他人の抱負なんて知ったこっちゃない話ですが、書く側からしてみれば気持ちが盛り上がりますからね。
閲覧者さんの皆さんは理想を語るばかりの文章を読んで自身を見つめ直すきっかけを見つける他ないのです。

私の日記の文体は喋り言葉を主として書き進めていますが、即興として書く分にはこの喋り言葉というものは非常に書きやすく、寧ろ小説のような硬い文章にしてしまっては読む側からしても読みづらい部分がある可能性があったりします。
嘗て私もそれを意識したことがありましてね。日記一つ書くのにも非常に苦労をしたものです。
勿論小説を書いてみようと努力をしたこともありましたが、如何せん私にはその才はなかったようでしてね。挑戦と挫折を繰り返してばかりでした。

こうも毎日長々と日記を書いているのであれば、小説を書く才に恵まれていなくとも、普段からその手の書籍に目を通しているのではないか?とも思われがちではありますが、実際のところ、私は活字を読むのが苦手でしてね。小説というものに手を出そうと思ったことすら全然なかったりするんです。
以前に一度、一つのライトノベル作品に熱を上げたことがあったんですけどね。あくまで官能小説です。今回の話とはまた違ったカテゴリーになると思われますのでそれはまたノーカウントというところでしょう。
それにですね、私というものはあまり中身がない、芯が通っていない書き方をしてまして、実に流れやすい性質があったりするんですね。
これは一体どういったことかと言いますと、仮に一つの小説を読んだとするならば、文章の書き方がそれに影響されて偏ってしまうんです。
都度矯正するのは非常に面倒でして、私自身も過去のものから見れば大分書き方というものが変わってきていたりするんですね。

徐々に変わりつつあるものなのでわかりにくいものではありますが、昔から日記を読んでいる人は変化に気付いているでしょう。
漫画の作画が1巻と最終巻で大きく違うものと同じです。アハ体験みたいなものでしょう。
今の日記の書き方が完成形というのはまずありえない話。今後もどんどん変わっていくのは間違いないでしょう。
そういった違った観点から私の日記を読むのもまたオツなものであると思いますよ。

さて、今回の日記は真面目な内容であったがために読んでいる人も退屈だったでしょう。
ですが、普段の日記と比べて多少なりとも参考になる部分があったかとは思います。
面白くないが有意義ではある。有意義とは到底言えないが、意義がなかったとは言えない日記であった――そんな日記が今日の日記。クラスのお調子者も真面目な顔が出来るという話です。自分自身でクラスのお調子者と自称するのもおこがましい話ではありますがね。
  1. 2021/02/08(月) 01:06:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

ジャイアン「おいのび太!人数足りないから一緒にマカロン食おうぜ!」

世の中ね、どうしようもない人間が存在しているんですよ。
私はね、そんな人を見てそんな風にはならないぞって決めているんです。
今日ね、私はそんな人を見かけたからそんな風に思ったんです。

それはコンビニに買い物に行った際のこと。
コンビニの入口前って横断歩道みたいに縞々になっているじゃないですか。
で、その横のスペースが空いていたのでラッキーと思い、私は車をそこに駐めたんです。
するとどうですか。その歩行者専用のスペースに駐車するモラルのない車が特に現れたわけでもなく、その向こうの駐車スペースに一台の軽自動車が停まったんです。
駐車禁止スペースに駐車する車が現れたと思ったでしょう?残念ながら現時点では何一つとして問題は起きていません。
私は今回位置関係をわかりやすくするために先に駐車スペースのくだりを書きたわけですが、別にどこに誰がどこに駐車していようが今回の話には全く関係ありません。
そのインモラルな人間がそこの駐車スペースに車を駐めて降りてきたという流れを具体的に説明するためにこの余計でわかりにくいくだりを説明したわけです。わかりますか?

で、話を戻してそこに停まった軽自動車からこれまたガラの悪そうな、悪く言えば育ちの悪そうな夫婦っぽい男女が降りてきたんです。
髪は染めてピアスにジャージ、おまけに不健康デブときたもんだ。ジャージもサイズが合っていないのか股関節の付け根の肉の垂れが横から覗いていましてね。後ろから見えたわけではないですが、もうこれはローライズレベル。恐らくケツも丸出しだったでしょう。
生理的に受け付けない外見としても、まぁそこまではそんな人間もいるという認識で百歩譲るとしましょう。
ですが、その不健康デブはコンビニに入るやいなや何をしたと思いますか?
両手にいっぱいのゴミ袋を持ってきて店内のゴミ箱に捨て始めたんです。悪びれもせず。
そして終いにはそのまま特に買い物もせず、ゴミだけ捨てて意気揚々と車へと戻って帰っていったんです。

私ですね、コンビニに意図的に家庭ゴミを持ち込むような人間を見ていると反吐が出そうになるんです。
そりゃあね、私も過去には車のゴミを少しばかり手に握って捨てさせてもらったことがありますけれども、正直あれはレベルが違う。
ましてや店内のゴミ箱ですよ。厚かましさのレベルを超えていますよ。
かといってそれを見て注意が出来るかと言ったら無理なんですけどね。正義マンでもないですし、コンビニに義理もありません。無駄な面倒事は避けたい性分ですのでこういった場でしか吐き出せません。

いやね、でもそれを目の当たりにして絶句した私に是非とも共感していただきたいですね。
コンビニの買い物量、消費を考えたらあそこまで大袈裟ゴミ箱の存在意義というものに時折疑問を持ちますが、流石に「家庭ゴミを持ち込まないようにしてください」と掲げてある領域に家庭ゴミを持ち込むのはね、どうしても許せないと言いますか。正直滅んでいただきたいですね。はい。

さて、前置きが大分長くなりましたね。これだけでいつもの日記くらいありそうです。
思いの丈をぶつけられて多少ばかしスッキリしたところで次の話題に移りましょう。
移ると言っても今回腐るほどネタがありますからね。ここ最近怠けていた分、メモ帳にはたんまりとネタが残っています。
別に全て書く必要性もありませんし、全て書こうと思うと気も滅入ります。

でも書きます!何故なら明日もまだ休みだから!週末だから!日曜日だから!バンザイ!
何なら昨日の日記の内容、既に終わった話である信号の話に尾ひれをつけて続きを書いても良い!
でも書かない!何故なら既に昨日終わった話だから!尾ひれは切る!さらば!

次の話です。次鋒です。
今日は夕飯にバイキング形式のサービスのあるファミレスへと行ってきました。これだけの情報でもう特定簡単です。
で、私も嫁もファミレスに行ったとてドリンクバーは注文しないんですよね。以前ならば私はジュースもガブガブ飲んでいましたが、ここ最近は老いたのか、ジュースの味に飽きてしまいました。お茶か水か野菜ジュースが美味しいと感じられるようになってしまったのです。
それ故にドリンクバーは注文しなかった。これを覚えておいてください。

メニューを見て注文をした私はバイキングサービスにもドリンクバーがついているものであると思い込み、店員さんに「ドリンクはいかがなさいますか?」と質問されてもまともに理解が出来ませんでした。
とりあえず何も考えない脳みそで「ドリンクはいらないです」と答えたのですが、店員さんが離れた後に嫁に「ドリンクバーがあるんだからドリンクを注文するのも変な話だ」と可笑しく笑ったんです。
しかしバイキングサービスにドリンクバーが付属していないことを理解していなかったのは私だけであって、嫁は「自分らは元々ジュースを飲まないから良いが、ドリンクバーは付いていない」と私に気付かせました。

そう、私はメニューをよく見ていないし、先入観が強いので理解もしない。
危うく水以外の蛇口を捻るところだったのです。
私が水だけで我慢できる大人で良かった。ジュースを飲まないと癇癪を起こす人間だったら店内はパニックに陥っていたでしょう。
今日もまた一つ危機を乗り越えられました。

はい、次の話題。中堅です。
都度オチを付けていたら面倒ですからね。文章を書くのは即興で衝動、俺のリリックに響くフロウに轟くアンサーは婆さんがわんさかHey Yo!!

乗りに乗っていた私の高校生時代、今の日記の書き方と比べたら内容は非常に稚拙なものでしたが、実は当時も日記を書いていたりしました。
個性溢れるパカパカケータイが主流だった時代、携帯HPが流行った時期がありました。それに乗っかって私も自身のHPを立ち上げ、カレンダー形式で友人を揶揄する日記を書いていて、それが周りの友人に受けていました。
今思えば非常に悪質といいますか、陰湿な話ではありますが、それが私の原点なのでしょう。日記は人に読ませるために書いて面白がらせるものであると。

内容もそれなりに長々と書いていました。
まだPCを持っておらず、パカパカケータイで文字を打っていただけあって入力速度はそれなりのものとなっていました。
今となってはスマホに変わってしまったのでその能力も腐れスキルとなってしまいましたが、1バイト文字と呼ばれる1文字1バイトの記事を制限いっぱいまで打つのは楽しいものでした。
一つの記事の文字数制限は1600バイト。1文字1バイトと言っても半角1文字で1バイトですからね。半角文字で書く日記なんてものは狂気の沙汰でしかないので、全角で打つ以上800文字が限界なわけです。
私はそれを1600文字と思い込んで毎回打ち込んでいたわけですが、今となってはちゃちなものですね。まぁパカパカケータイのカチカチスクロールの要領を見ればそれくらいの文字数が丁度良かったかとは思いますが、際限ない日記というものは何とも気持ちの良いものです。高校時代の私に伝えてあげたいですね。大人になっても毎日日記を書いているよと。

さて、ここで本題です。
今はもう亡きHP。今やレンタルブログサイトを使用し、"下衆と皮肉"というセンスの塊でしかない名前に変えて日記を投稿しているのですが、いつかはレンタルサイトの範疇を飛び出して、将来的には全くオリジナルのブログサイトを開設したいと思っています。
レンタルブログは確かに運営が楽ですが、私くらい日記への情熱があるものであればもっと上の段階に進んでも良いんじゃないかなと。
なので今後は新たなブログの開設の勉強をしつつ過ごしていきたいと思います。
そして来る移設の時、かの有名な"ノアの方舟"よろしく、閲覧者の方々とともに新天地へと旅立つのです。

嘗てメモ帳を使用してhtmlでサイトを作ろうと挑戦したことがあります。
しかし挫折してしまった。独学では上手いこといかなかった。
ですが時代は進みました。もっと楽に出来る方法があるはずです。色々と模索をしながら今後のために努めていきたいものです。

はい、次の話題です。
理想ばかり語って気持ち良くなるのも良いですが、実行できなければ意味ないですからね。
そしてまずはその前に目の前のネタの消化が第一です。
話が続いて長ったるい内容にはなりますけどね、閲覧者の方々からしても休日ということから暇を持て余している人も少なからずいるはずです。
只々寝っ転がって動画を見たりゲームをしているくらいならば私の日記を読んで有意義な時間を過ごしていただきたいものですね。
私自身この日記時代を有意義とは反対の存在であると公認しているんですけどね。ですがこの日記を読んで有意義であったか無意義であったか決めるのは私ではありません。読んでいるあなたなのですから、ここまで読んでくださった暇人は最後まで目を通して後悔するべきですね。時間の無駄であったと。

まぁ次の話題と言っても話は戻るんですけどね。
先程のドリンクバーの話の続きです。実はついでに書こうと思っていたんですが、すっかり忘れていました。
別に忘れたならば忘れたでそのまま無視しても問題ない話題ではあるんですけどね。今日は何だか筆が走ると言いますか、絶好調の気分なのでカスみたいなネタでもどんどこ日記に書いていこうと思います。
前もってカスネタなんて言っていたら無意味なような気もしますけどね。読む側からしても「あぁ次の話題は別に大した話でも何でもないんだな」ってげんなりしてしまいますからね。ネタバレみたいなものです。ネタバレみたいと言うかネタバレですか。

ファミレスで注文をした際、メインディッシュであるカットステーキの他にアボカドとタルタルソースのサラダみたいなものも頼んだんですが、サラダな分、カットステーキよりも早くにテーブルに運ばれてきたんですよね。
で、その外観が緑とクリームっぽいものをマッシュした感じの塊が乗っただけの生野菜だったわけなんですが、後から運ばれてきたカットステーキの上にもそれと同じようなものが乗っていたんですよね。
あ、もしかしたらサービスでもされたのかなと。いや、知り合いでもないのにファミレスでサービスなんてされるわけがない。何かの手違いでステーキの上にもこのマッシュが乗せられてしまったんじゃないかと思っていの一番にその塊を口へと運んだわけです。

はい違いました!
バジルの入ったバターでした!
口の中が油っぽさでいっぱいになりました!わーい!

まさかファミレスがこんなトラップを用意しているとは思いもしませんでしたからね。
ファミレスのトラップ、俺のリリック掻き立てるライムフロウ、バジル含めたバター含んだ俺の口から溢れ出す油に婆さんわんさかHey Yo!!

私思うんですよ。
男って何で袖をまくるのに、手を洗う時は袖を捲らないんでしょうかね。
袖を捲らずに手を洗うものですからついつい袖が臭くなってしまう。駄々草な男にありがちであると思います。

――すみません。
ちょっと窓の外で何だかウーウーいってたので消防車の動向を見ていました。
現在時刻は3時6分。こんな夜遅くに大変ですね。

さて、何の話をしていましたかね。
まぁ良いでしょう。あんまり長いこと日記を書いてばかりだと閲覧者さんの皆さんも大変ですからね。
現時点で何文字くらい書いてるんでしょうかね。ちょっとばかり調べてきましょう。

数えてきました。大体4600文字くらいです。
思っていたよりも稼いでいませんね。ちょっと残念。
かと言ってこれ以上書いてもグダるだけです。集中力も切れてきましたし、そろそろ布団も私においでおいでと手招いている頃でしょう。

どこか物足りない感じもしますし、まだネタ帳にも消化しきれていないネタが残っています。
まぁこれら全て消化しなければいけないなんて縛りはありませんし、今回はこれくらいにしておきましょう。

入力した文字数×10くらいのお金が口座に入ってくるシステムになっていたら嬉しいんですけどね。
別に何文字打とうがビタ一文儲かるわけでもないので、そろそろ切り上げましょう。
好きなことをして稼げるということが身近に感じられる時代にはなりましたが、それを実現できるかどうかは別の話です。
日記を書いてそれを生業にするなんてことは夢物語。さっさと床に就いて本当の夢でも見ましょう。

夢はDream、ドリンクバーにありつけなかったライムフロウが婆さんがわんさかHey Yo!!

\Hey Yo!!/
  1. 2021/02/07(日) 03:16:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

あの人はまたティッシュをうぃおいぉお

毎度どうもです。毎日日記を読んでくれてありがとうございます。
日記を書いている側からもあなたがいつもこの日記を読んでくれているのは把握していますよ。
あなたあれでしょ?佐藤さんか鈴木さんでしょ?私わかってるんですよ。いつもありがとうございますですね。

今回週末ということで日記の更新時間が遅いです。
書かなきゃとは思っていましたが、先程までカービィボウルに興じていて、ついつい取っ掛かりが遅れてしまいました。
まぁしかしは夜というものはまだまだ長いものです。午前6時を朝とするならばまだまだ3時間ちょっとも時間があります。

下衆と皮肉で言えば、長ったるいパターンの日記をまだ3つも書くことが出来るくらいのキャパがあるということです。
まぁ時間に余裕があっても私の脳みそがついていけないのですけどね。

今日は一日信号によく捕まる日でした。
大体の信号は私の目の前で黄色へと変わり、私の見る先の歩行者信号は常に点滅を始めていました。
人生こういう間の悪い時ってあるもんですね。
別に急いでいたわけでもなかったのでそこまでストレスにはなりませんでしたが、人によっては発狂するほどだったでしょうね。

あー、駄目だ。
何だか眠いですね。
今日は異様に精神的に疲れた気がしますので瞼が重い気がします。
ここ最近日記の内容が薄くなりつつありますが、たまにはこういった無気力日記も悪くはないでしょう。

書きたいことは山程ありますし、信号の話についても引っ張ろうと思えばどこまでも引っ張れます。
また次回かどこかに改めて気合を入れて日記を書いていきましょうかね。
今回はおさらばしましょう。時には日記を読む目も休ませなければなりませんよ。私はその皆さんの疲れ目をサポートするために今回の日記を短くしたのです。
  1. 2021/02/06(土) 03:18:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

コンバンワ、ボブデス!!チクビヲツネリニキマシタ!!

大変です。私のクソみたいなスマホがどこかに消えてしまいました。
と思ったら胸ポケットに入っていました。安心。

ここ最近、運動によるダイエットを心がけていたんですが、昨日今日とうたた寝が原因で継続に失敗してしまいました。
また明日から頑張ろうかとは思いますが、こうも簡単にサボってしまう自分が情けなく思えます。
日記ならば毎日投稿できているんですけどね。こう考えたら筋トレよりも日記を書く方が労力が少ないと思えますね。
皆さんも暇つぶしに日記を書いてみてはいかがでしょうか。ストレス発散にも、頭の体操にもなるので結構マジでおすすめですよ。

さて……今日は何を書きましょうかね。
何だか面倒臭くなってきました。別に書くことがないわけではないですが、他にやることがあると優先順位を鑑みたらあまり日記を書く気力が湧いてきませんね。

まぁでも書かないわけにもいかないですからね。
リアルタイムでの出来事でも書いていきましょうか。

ダイエットとほざきながらも実は今日記を書きながらふ菓子を食べています。
今日買い物に行った際に
ちょっと待ってください。お腹痛いですんで、ちょっと便所に行ってきます。


あー、失礼失礼。
ちょっとばかし下してきました。

話を戻しますが、買い物に行った際にふ菓子を見つけたので購入したんです。
で、実は私、結構ふ菓子が好きでしてね。今回2種類見つけたので食べ比べのために購入したんですよね。
んで、今しがた食べ比べてみたら――結構違うんですね。意外でした。
甘さも硬さも全然違いました。

……んー、あー、あれですね。
途中トイレに行ったら何だか集中力が切れちゃいました。
ふ菓子の話はこれまでにして、今回はこの辺りで終わりにしましょう。何だか興ざめです。

踏ん張った際に尻から一緒に日記の内容も流れていった感じですか。
日記のネタ、指から出すか尻から出すかって感じですかね。また次回に。
  1. 2021/02/05(金) 01:19:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

じゃんけんグー「私の勝ちです」 ゆっくりと立ち上がりショットガンを取り出す

唐突ですがお股が濡れています。
別にこれはエッチな話ではなく、先程までシャワーを浴びていて、股の間をちゃんと拭いていなかったのが原因です。
エッチな想像をした方は心が荒んでいると思います。煩悩を取り払うために……えっと、何かすると良いと思います。

さて、別段報告することでもなかった話でしたが、洋画のベッドシーンのようにたまにはこういった話を持ち出しても良いかもしれませんね。
世の中広いですから私の日記を性のはけ口として利用している方もきっといるはずです。
書いている側からしたら浪漫溢れる話ですね。私が一文字一文字書くにつれて劣情がかきたてられていくんですよ。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

味をしめたようにまたしても叫んでみましたが、もうこの"あ"の羅列を見るだけできっとその人は欲情が止まらないでしょうね。

さて、尺を稼ぐための冗談はさておき、昨日私はスマホの充電器を職場に忘れてきてしまいましてね。昨晩は風前の灯状態のバッテリーで過ごしていました。
一応代えの充電器はあるんですが、スマホが悪いのか充電器が悪いのか、忘れてきてしまった充電器でなければまともに充電が追いつかないんですよね。
なので昨晩は枕元で充電しっぱなしにしておきながら、11%の状態でずっとキープしていたと。いつ切れるかもわからない状態で一晩スマホを枕元に置いていたという話です。

私は朝に弱いところがありまして、スマホの大音量アラームを頼りに毎朝起きています。
今回充電が切れることはありませんでしたが、アラームが鳴らなかったら間違いなく寝坊です。そう思うとゾッとするものがありましたね。

目覚まし時計もありますが――この手のものでは心許ないですからね。
今後は何かしら画期的な目覚まし時計を用意することを考慮しても良いかもしれません。
充電器同様、何かオススメはないですかね。
もしこの日記を閲覧している中で心優しい方がいたら、購入して送っていただきたいものです。日頃の感謝ってことで。


うーん、参りましたね。

今回の日記、いよいよ書くことがなくなってきました。
元々ネタ帳にメモしていたのが今回の充電器の話だけだったので、これだけで引っ張るというのは造作もないですが――何か味気ないですからね。
何かしら他にも話題があれば良いのですが――。

うーん、わかりました。じゃあこうしましょう。
今から私と閲覧者さんの皆さんで一つゲームをしましょう。

これから書く日記の内容にとある合言葉を挿し込みますので、閲覧者さんの皆さんはそれが何なのか当ててみてください。
答えは次回の日記で公開します。
わかった方はツイッターあたりから私のアカウントへDMしてみてください。

嘘です。やめておきます。
何か面倒臭くなりました。
特に何か思いつくはずもなく、即興で謎解きみたいな文章を作れるほど私の頭は特化していません。
きっと一流のエンターテイナーはこういった場でパッと出てきて、見ている人を盛り上げることができるんでしょうけれども、如何せん私は一流どころかエンターテイナーでもありませんからね。
衝動的にチラシ裏に落書きを行う子供と大差ありません。唐突に迷路を書き始める子供と大差ありません。

そういえばあの手の落書き迷路ってどうして途中で雑な構造になるんでしょうね。
最初は定規を使ってまで隙間なく線を引いていたというのに、途中からはもう面倒臭くなって斜めの道を書いたり、それが原因で空白が出来てしまったり……。
落書き迷路というのは人間が持続できる集中力の良い指標なのかもしれませんね。そう考えると面白いものです。

あー、迷路の話題である程度尺を稼げましたが、何か不完全燃焼感が否めないですね。
奇抜さがないと言いますか、面白味に欠けている感じがします。
とりあえず叫んでおきますか?そうすれば見栄えも良くなるでしょう。

駄目です。
これ以上こんなしょうもないネタを引っ張ったら閲覧者の方々に怒られますよ。
「こいついっつもこればっかりでつまんねーな」って思われちゃいますよ。
飽きというものは怖いですからね。当時面白いと思ったものが一気にくだらないものに変わってしまいます。
人間常に新鮮を、刺激を求めていますからね。常に真新しいものを書いていくしかありません。
書く側の気持ちも考えてほしいものですね。贅沢したら駄目ですよ。

よし、こんなもんでええやろ。
  1. 2021/02/04(木) 02:12:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

STOP!!あなたの食べている恵方巻は本当にグリッピリングされていますか!?

サザエさんのお家へ鬼に扮した泥棒が入る時期になりました。
鬼に扮したからって盗みの成功率が上がるとは到底思えないですけどね。
どうせ子供達から勘違いされて豆をぶつけられて撤退するのがオチです。もう私はテレビを観る機会が減りましたが、この展開は観ていなくてもわかりますよ。
季節ものは原作に遵守するのが鉄則です。きっと。知りませんが。

さて、唐突ですが今年私は恵方巻きが食べられませんでした。
いつも購入しているちょっと贅沢な海鮮恵方巻が今年はコロナの影響で販売されず、残念ながら恵方巻を購入する手筈を整えられないまま今日を迎えてしまいました。
結果、仕事帰りにスーパーやコンビニを彷徨い歩いた挙げ句、どこも売り切れであったということからコンビニ弁当で夕食を済ますということとなりました。

探し回って見つからず、自炊する時間もなくなった故の結果です。
恵方巻の代わりに"ナイススティック"でもかぶりついてやろうかと思いましたが――やはり駄目でしたかね。
豆ももったいないからって投げていませんし、今年は鬼と共存する道を歩むこととなるかもしれません。
まぁ鬼とて皆が皆悪い存在であるとも言い切れないでしょう。話し合えばきっとわかりあえるはずです。

ふと思ったんですが、豆の代わりにマシュマロを投げたらインスタ映えしないですかね。
何だかふんわかほわほわした感じで和やかな節分になると思いませんか?
鬼とて皆が皆豆ばかりが嫌いという存在であるとも言い切れないでしょう。中にはマシュマロが嫌いという鬼もいるはずです。
このマシュマロを武器に話し合えばきっとわかりあえるはずです。


そう言えば話は変わるんですが、前回の日記タイトルについてちょっと一つ気づいたことがありまして。
昨日の日記のタイトルなんですが、"優男汁"というものなんですよね。
これは昨晩の夕食に私が作った"体に染み込みやすい優しい味のスープ"をもとにしてつけたタイトルだったんですが、逆から読んだら"汁男優"であることに翌朝になって気付いたんですよね。

あ、しまったなぁと。

特に狙ったわけではなかったんですが、連想させてしまうようなフレーズを結構直接的にぶち込んでしまったなと。
逆に考えれば汁男優を反対から読めばこんなフレーズにも変えられるという発見にもなりますが、何だか失敗した気持ちになりました。
狙ってつけていたタイトルだったら良かったんですけどね。適当に作った呪文から言うことを聞かない上級の召喚獣を出してしまった気持ちに似ています。
とりあえず今回の日記で懺悔と釈明です。


さて、更に話は変わりまして今日の出来事。
今日は職場に保険屋さんが営業にやってきたんですよね。
で、はるばるいらっしゃった担当の方は若い可愛らしい女性2人組だったんですが、やはりこういった話を進めていくとなるとある程度世間話を交えてくるんですよね。

人によっては若い可愛らしい女性とキャピキャピ話せるというのは仕事と考えても嬉しいものですが、私はどうもそれが苦手でしてね。捻くれていて疑り深い人間なんですよ。
いくら話を盛り上げてくれていたとしても、合わせてくれていたとしても「この人はビジネストークとして合わせてくれているんだなぁ」としか感じられず、表面上ではアハハと笑っていたとしても内面では踏み込んでもらいたくないと思っていた自分がそこにいました。
歩み寄られるほど遠ざかりたくなるのが私です。そこに意図的なものがなくても自身のフィールドには絶対に踏み込ませない。少々痛々しい考えではありますが、私の考えは昔から変わっていない様子であると改めて感じました。つくづく嫁にはよく踏み込めたものであると感服いたしますよ。

そう言えば昨日の話に戻しますが、前回の日記はアイスを食べるために早めに切り上げた云々の内容を書いたかと思うんですが、結局あの後アイスを買いに行くことはなくてですね。そのまま床に就きましたよ。
衝動には逆らえないとは言いつつも、流石に平日の夜更けとなれば理性の方が勝りますかね。
こういった時のためにアイスというものを常備しておくと良いかもしれませんね。どうせすぐなくなるでしょうけれども。
いや、まだファミリアが半分くらい残っていますか。でもこれはまた別物と考えましょう。
うまか棒よりもコストが安く、ヨーロピアンシュガーコーンよりもパフォーマンスが高い……そんなアイスを求めています。
  1. 2021/02/03(水) 02:26:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

優男汁

つい先程までYouTubeでローカルCM集を見ていたがためにこんな遅くに日記更新する羽目となってしまいました。現在時刻25時4分です。

興味本位で地元のローカルCMを見たからと言って、別にノスタルジーに浸れるわけでもなく、何と言いましょうか、どこか気恥ずかしさが勝ってしまって何とも複雑な気持ちになりました。
結構ああいったものって県民性が出ますからね。脇の下辺りを弄られたような感じになります。よくわかりませんが。

さて、普段であればこの25時辺りから書き始めても事足りるわけですが、今回何を慌てているのかと言いますと、この後コンビニに出かける用事があるんですよね。

アイスを食べなければならない。
こんな時間からアイスを食べるためにコンビニに買い物へと行かなければならないのです。

だからそのために寝る間も惜しんで、日記を書く時間も削り、慌てているわけです。

で、あればさっさと今回の日記は切り上げてしまってはどうかと。
そういうわけではないのです。私にもプライドというものがありますからね。ある程度の量は書いておいて見栄え良くしておきたいと考えているのです。

閲覧者の方々からしてもそうでしょう。
「あー、今日の日記はそこまで大した内容じゃなかったな」と思うのは不本意でしょう。
暇をつぶすためにこの日記を開いた。そうでしょう。
ルーティンみたいになっている人もいるかと思いますが、根底を見れば暇つぶしのために読んでいた――そうでしょう。

だから私はその気持ちに応えなければならないのです。
それ故に沢山の文字をこの電子媒体に起こさなければならない。
文字の数≒私の気持ちです。ありがたく受け取るべきです。

ですがやはり時間がない。
書きたいことはあるのに時間がない。
時間がないから文字数を稼げない。
前回の日記に限っては平均2000文字と抜かしておきながら1600文字程度しかボリュームがありませんでした。
じゃあどうするか。どうすれば楽に急いで日記を書くことが出来るのか。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

叫べばいい。
これである程度見栄えは良くなったでしょう。
え?怖いって?
それもまた一興でしょう。


さて、今日の日記の話題に移ります。
これは別に今日の日記のネタとして挙げる必要性はない、いつもある出来事なんですが、敢えて今回の日記で話させていただきたい。

私はお弁当箱に猫ちゃんの顔が散りばめられた可愛らしい小さな物を使用しているのですが、いつもこの弁当箱を閉める時に悩まされていることがありましてね。

この弁当箱の柄、様々な猫ちゃんの顔がプリントされているのですが、勿論沢山プリントされている分、蓋との境目で切れている部分あったりするんですね。
で、前後だか左右だかわかりませんが、シンメトリーの関係にある柄ではないわけでして、別に気にする必要がなければ柄の向きにこだわらず閉められる構造にはなってはいるものの、私はその辺り神経質でしてね。必ず猫ちゃんの顔を揃えるように向きを合わせて閉めているんです。

もうここまできたら何が言いたいのかわかるでしょう。

そうです。毎回最初に閉める時に向きが合わないんです。
USB端子を接続する時のあるあるみたいなあれです。
意識して向きを合わせようと閉めても毎回合わない。たまにあっている時もありますが、総合的にみたら合っていない場合の方が多いんですよね。

一体これは何でなんでしょうかね。
あれですか。陰謀的なあれですか。

おっとそろそろ時間だ。
コンビニに出掛けてアイスを買って帰らなければ。
そして堪能しなければ。
特に何のアイスを買うと決めているわけではありませんが、そういう約束なんです。

帰ってから日記の続きを書いても良いですが、これ以上特に書くこともないでしょう。
とりあえず叫んでおきますか?そうすれば一層見栄え良くなるでしょう。

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ええか?これでええやろ?よし、終わり!
  1. 2021/02/02(火) 01:31:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

落石オノマトペ

今日は日曜日です。
厳密に言えば今日は日曜日でした。
もっと厳密に言えば日曜日だったのでした。

現実世界では月曜日ですが、下衆と皮肉内では24時間は30時間なので月曜日ですが日曜日なのです。
わかりにくいですが、今は日曜日という体で話を聞いていただけたらなと思います。

しっかし、毎回こんな説明をするのは面倒臭いです。
誰ですかね。日記の投稿時間の縛りを緩くするためにこんな面倒臭い設定を持ち出したのは。
勿論それは私ではありますが、毎回新参さんにこの設定を説明するのは手間なので、さっさと閲覧者さんの皆さんでWikipediaに下衆と皮肉の記事を立ち上げてください。

そもそもこの日記に新参さんっているんですかね。どこかしらから漂流してくることはあるんでしょうが、わざわざこんなかったるい文章を読むような奇特な人間なんて狂信者以外にいるんでしょうか。

とりあえずはわざわざ冒頭から前置きありで日記自体の説明をする必要がない時代になってほしいですね。
私が楽をできる時代――それこそが私の時代なのでしょう。いつか来てほしいものです私という時代が。
私という時代というより私が創り出した方舟ですかね。定次さんの方舟に閲覧者さんの皆さんが乗っていただいて、沈没するのです。

さて、今日は何かしらを書く予定があったのですが、メモに残していなかったのですっかり忘れてしまいました。
忘れたネタほど面白いと言いますが、うん、とても面白い内容になるネタだったと思います。
ですが忘れてしまったがために記事に載せることが出来ませんでした。残念でしたね。私も非常に残念です。
また思い出す頃に内容を希釈して、ハードルを下げた上で書きたいと思います。
まぁ閲覧者さんの皆さんのことですからその頃にはすっかり忘れているでしょうからね。やっぱりこの話はなかったことにしましょう。
下手に思い出そうとすれば逆にもやもやして私が落ち着かなくなるだけです。忘れましょう。忘れましょう。

話を戻しましょう。
今日は日曜日でした。
私は朝方に起きる際、月曜日であると思い込み、慌てふためいていました。
しかし起き上がってから5秒、フル回転した脳みそでよくよく考えたら今日はまだ日曜日だったと。

最近週末休みの時間の流れがゆっくりに感じられて非常にありがたい限りです。
実際過ぎてみればあっという間に感じられるのですが、リアルタイムでの体感からすればゆっくりなんじゃないかなと。
以前はもっと早かったように思います。それは恐らくゲームやらの娯楽で時間を潰していたからであるかと。
日記を書いている時や仕事をしている時なんかもそうですからね。集中している分、あっという間に時間は過ぎます。

それに比べて子供の頃ってどうしてあんなにも時間の流れがゆっくりだったんでしょうかね。
20分程度の休憩時間、チャイムと同時に一斉に教室から飛び出し、廊下を走り抜けて階段を駆け下り、グラウンドでサッカーを始め、チャイムがなればノンストップで駆け上がってチャイムが鳴り終える前に席に着く。化け物みたいなポテンシャルですね。
休日に友人の家へと遊びに行くとなっても昼食を食べてからの午後の時間。夕方5時になればそれを合図に家に帰る。
たった4時間ですよ?4時間。大人からしたら何をするにも到底足りない時間です。

何ででしょうね。
齢をとるごとに時間の流れって段々早くなっていくんですかね。
周りの時間が早いからこそジジババの動きは遅いんでしょうか。
ですがそうなると、第三者からして見てジジババの動きが遅く見えるというのも変な話ですよね。
恐らくこれは何かしらの陰謀でしょう。よくわかりませんし、陰謀論には疎いですがとりあえず陰謀だと言っておきます。
何の陰謀かと言われたら……うーん、わかりませんね。とりあえず陰謀です。やばいです。

そう言えば何の日記を書くのか思い出しました。
今日一日屁が止まらなかったという話です。

ですがハードルも下がっていませんし、別段面白いわけでも……いや、書きようによっては……いや、やめておきましょう。
これは私の陰謀です。よくわかりませんがそういうことにしておいてください。
  1. 2021/02/01(月) 01:40:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

purofi-ru

定次さん

【定次さん】
食文化と倫理の狭間に生きながらも、軸のズレたリアリティに妄言を加えてカオスと究極のカタルシスを追求し、文章を媒体として視覚的に、尚且つ、盲目的に閲覧者に無償で無価値な情報を提供しています。

tsuitta-

@sadatsugu_san からのツイート

karenda-

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

tsukibetsu a-kaibu

saishinn kiji

kategori

空想世界旅日記 (15)
日記 (116)
お知らせ (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する